WOWOW ラルク

2022年3月27日にWOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「30th L'Anniversary TOUR」の感想

2022年3月28日

本ページはプロモーションが含まれています。

2022年3月27日(日)にWOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「30th L'Anniversary TOUR」。

L'Arc~en~Ciel結成30周年を記念したファイナルツアーとして4公演行われた内、2021年12月25日と2021年12月26日の模様を放送されたけど、このライブは今までのライブとはちょっと違う。

昨今のコロナの影響で2020年の公演が中止した「ARENA TOUR MMXX」の最終公演を予定していたのが、今回のライブ国立代々木競技場第一体育館なのだ。

いわゆるこれは30周年を記念したライブツアーでもあるのと同時にコロナには負けない!っというラルクに関わった全員の悲願でもあるリベンジライブでもあるので、興奮冷めやらぬ中の記事を書いたのでその模様を見届けてほしい。

30th L'Anniversary TOURとは?

冒頭でもお伝えした通りであるけど、ラルク結成30周年を祝したライブツアーのファイナルライブが今回WOWOWで放送された。

ちなみに国立代々木競技場第一体育館で開催された4公演が以下。

  • 12月22日(水)
  • 12月23日(木)
  • 12月25日(土)
  • 12月26日(日)

その内、25日、26日の2日間のライブが放送された。

「30th L'Anniversary TOUR」は「ARENA TOUR MMXX」のリベンジ

国立代々木競技場第一体育館といえば2003年に「Shibuya Seven days 2003」という7日間ライブをしたファンにとっても思い出の地であるけど、2020年にコロナウィルスの影響で横浜アリーナ、そして国立代々木競技場第一体育館が中止が余儀なくされてた。

今回の「30th L'Anniversary TOUR」はいわばその時のリベンジライブ。

ツアー自体も無事に完走して見事リベンジを果たした。

「ARENA TOUR MMXX」を彷彿させるステージ

ステージもアリーナの真ん中にあり、四方を観客が控えている。

このステージは360度の円形型の回転式ステージの仕様は「ARENA TOUR MMXX」を彷彿させる

四方には花道も用意されメンバーが移動する際はファンの盛り上がるエンタメ要素の強い演出にもなっている。

30th L'Anniversary TOUR セトリ

今回WOWOWで放送されたセトリが以下。

  • get out from the shell
  • Caress of Venus
  • XXX
  • winter fall
  • metropolis
  • DAYBREAK'S BELL
  • STAY AWAY
  • NEO UNIVERSE
  • DRINK IT DOWN(26日)
  • EVERLASTING
  • MY HEART DRAWS A DREAM
  • Hurry Xmas
  • Driver's High
  • HONEY
  • READY STEADY GO
  • ミライ
  • FOREVER
  • GOOD LUCK MY WAY(26日)
  • あなた(26日)

残念ながら放送では以下の曲は放送されなかった。

  • flower(25、26日)
  • CHASE(25日)
  • 花葬(25、26日)
  • As if in a dream(25日)
  • Dune(26日)
  • Link(25日)
  • 虹(25日)
個人的には「As if in a dream」が観たかったな~

衣装

次に各々のメンバーの衣装を紹介。

メンバーに共通しているけど、シンプルなヘアースタイルとラフな衣装が目立っている。

hyde

金髪ヘアーで素肌に黒のジャケットを羽織ったシンプルな衣装。

素肌でジャケットを着ているhydeさんを見るのはVAMPSぐらいしかなかったのでラルクでこの姿はちょっと新鮮だった。

Ken

白シャツにラフな衣装だったけどなぜかしっぽがついていた。

珍しくホワイトカラーのギターで演奏していた。

tetsuya

いつも通りカジュアルでチェック柄の上下の衣装。

yukihiro

髪は短いけどよく見ると後ろの髪は長く縛っていた。

衣装はおしゃれなバーテンダーのような洋服だった。

ドラムセットは最近メインになっている黒のツーバス。

ライブの模様

というわけで実際の放送された内容を紹介。

1:get out from the shell

20作目のシングル「STAY AWAY」のカップリング曲でアルバム「The Best of L'Arc〜en〜Ciel c/w」などに収録されているアルバム曲。

妖艶なギターの音色と日本語で歌うhydeさんの声でスタート。

アレンジは「30th L'Anniversary Starting Live"L'APPY BIRTHDAY!"」と同じ。

2:Caress of Venus

アルバム「True」に収録されているアルバム曲。

ギターに鋭さがあるような感じがした。従来のアレンジと25周年ライブのアレンジを足したようなギターのリフ。

MC

hydeさんの「L'Arc~en~Cielです」と紹介しMCスタート。

3:XXX

38作目のシングル曲でアルバム「BUTTERFLY」に収録されている曲。

大人っぽくダークな曲で、tetsuyaさんのベースを指で弾くことが見れる貴重な一曲。

アレンジ自体は今までのライブと同じ感じでシンプルな印象を受けた。

4:winter fall

8作目のシングル曲でアルバム「HEART」に収録されている曲。

ライブが開催された時期が12月ということもあって冬にぴったりの曲。

この曲も目立ったライブ用のアレンジはなく、原曲に近いかなりシンプルだった。

5:metropolis

8作目のシングル「winter fall」のカップリング曲でアルバム「The Best of L'Arc〜en〜Ciel c/w」に収録されている曲。

yukihiroさんのドラムプレイでスタートしたサイバーっぽくセクシーな曲。

原曲に比べてギターの主張が控えめになってい、アレンジもバンドサウンドに近いサッパリした感じがする。

「winter fall」から「metropolis」の流れはCDを持っていたファンにはたまらないセトリだ!

6:DAYBREAK'S BELL

32作目のシングル曲でアルバム「KISS」に収録されている曲。

最近よくセトリに入るようになったレア曲。

原曲よりテンポアップされ、ちょっと寂しそうな心情を訴えるようなアレンジになっている。

7:STAY AWAY

20作目のシングル曲、アルバム「REAL」に収録されている曲。

この曲ではtetsuyaさんお馴染みのベースソロで観客を煽り曲が始まる。

曲のテンポが今までのライブアレンジと違い、原曲と同じぐらいのスピードになっている。

よく見るとステージがゆっくり回転しながら演奏している。

8:NEO UNIVERSE

19作目のシングル曲でアルバム「REAL」に収録されている曲。

青いライトの演出が近未来を彷彿させる使い方だった。

アレンジ自体はクラシックでありながら原曲に近いシンプルな曲になっていた。

9:DRINK IT DOWN

34作目のシングル、アルバム「BUTTERFLY」に収録されている曲。

「NEO UNIVERSE」のアウトローから間髪入れずに「 DRINK IT DOWN」のイントロがスタート。

この曲は26日のセトリに入っていた曲。

ヘビーで宗教っぽさもある曲だけど、レーザーを使った派手な演出が注目ポイント!

10:EVERLASTING

2014年に発売された完全受注生産限定シングル曲。

この曲も最近よくお披露目されるようになったレア曲。

原曲に比べtetsuyaさんのギターの主張が若干強めに出ている。

スモークやモニターには雨をイメージさせる演出が使われていたりと曲以外にも派手な演出に目が行く。

11:MY HEART DRAWS A DREAM

アルバム「KISS」、シングル31作目の曲。

Kenさんのギター演奏でスタートするお馴染みの入り方だったけど、ギターと会話しながら弾いている姿がかっこよかった!。

「EVERLASTING」が真っ暗な夜に雨が降っている曲なら「MY HEART DRAWS A DREAM」は心が雲一つもない青空をイメージさせる曲かな

MC

tetsuyaさんのMC。

12:Hurry Xmas

33作目のシングル曲でアルバム「KISS」に収録されている曲。

クリスマスに行われた今回のライブにふさわしい一曲。

オーケストラの主張が若干強くドラムの音が重いぐらいでアレンジっぽさはなく原曲に近い。

13:Driver's High

17作目のシングル曲でアルバム「ark」に収録されている曲。

エンジンを吹かす音でスタートするライブで盛り上がる一曲。

他のライブアレンジと比べても今回のアレンジは抑えられている。

14:HONEY

10作目のシングル曲でアルバム「ray」に収録されている曲。

ラルクと言えば「HONEY」と頭に浮かぶぐらいお馴染みのメジャーな曲。

ギターを弾きながら歌っているhydeさんが猛烈にかっこよかった!。

15:READY STEADY GO

22作目のシングル曲でアルバム「SMILE」に収録されている曲。

yukihiroさんのドラムプレイしながらhydeさんが観客を煽りまっくてスタートした「READY STEADY GO」。

曲のテンポは今までのライブ通りの疾走感だけど、ステージが回る速さが「STAY AWAY」と比べて速くなっている。

16:ミライ

42作目のシングル曲。

観客がスマホのライトを付けて一体感が生まれた瞬間に始まった「ミライ」。

ライトの光が一つ一つがきれいだった

MC

hydeさんのMC。

「ミライ」について歌詞のことなどを説明していた。

次の曲「FOREVER」についても語っていた。

17:FOREVER

42作目のシングル曲。

派手なイントロでスタートした疾走感のある曲。

原曲に近いアレンジだけど、元々テンポが速いせいか余計ライブで速く感じる。

個人的には最近の曲の中で一番好きな一曲です

18:GOOD LUCK MY WAY

37作目のシングル曲でアルバム「BUTTERFLY」に収録されている曲。

連続で疾走感のある曲が選ばれたけどアレンジ自体は原曲と同じかな。

19:あなた

アルバム「HEART」に収録されているアルバム曲。

ラストは「あなた」。

観客は大合唱はできなかったけど代わりにハミングで合唱していた姿が泣ける・・・。

早くみんなで声を出し合いながらライブができる日常に戻ってほしいと願わずにはいられなかった。

最近の曲が多いけどアレンジはシンプル

今回放送された楽曲をまとめてみるこんな感じ。

  • True・・・1曲
  • HEART・・・2曲
  • ark・・・1曲
  • ray・・・1曲
  • REAL・・・2曲
  • SMILE・・・1曲
  • KISS・・・3曲
  • BUTTERFLY・・・3曲
  • カップリング曲・・・2曲
  • 限定シングル曲・・・1曲
  • シングル曲・・・2

最近の楽曲が多めで「30th L'Anniversary Starting Live"L'APPY BIRTHDAY!"」を意識したセトリだけど「ミライ」、「FOREVER」といった最新曲もありこれからの活躍に期待が持てるセトリになっている。

またメンバーの衣装やライブアレンジは割とシンプルな味付けになっている。

この放送を観ていて思ったけど、やっぱり観客の声が聞こえないのはちょっと寂しいかな?

僕自身ライブに行ったことがない人間だから生のライブについてはよく分からなく、ライブDVDとかの情報からしか判断できないけど、バットマラカスの音だけだと物足りない感じがした。

確かに演奏やhydeさんの声が聴きやすくなって良い所もあるかもしれないけど、ライブは盛り上がってなんぼだと思うし(行ったことないけど)。

一日も早く日常に戻ってみんなの声が聞こえるライブを観てみたい!

WOWOWで放送されたラルクの記事

WOWOWで放送されたラルクの記事が以下になります。

要チェック!!
2月23日(火)WOWOWで放送された、ラルクの【L'A HAPPY NEW YEAR】の感想

続きを見る

2月25日WOWOWで放送された【ラルクL'Anniversary TOUR@京セラドーム】の感想

続きを見る

おすすめ
3月28日にWOWOWで放送された【L'Arc-en-Ciel『WORLD TOUR 2012』May 2, 2012 Jakarta Lapangan D Senayan】の感想

続きを見る

4月25日にWOWOWで放送された「20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL」USJ野外特設会場公演の感想

続きを見る

5月23日(日)にWOWOWで放送された「L'Arc-en-Ciel「20th L'Anniversary Year Live in Hawaii」 May 31, 2012 Waikiki Shell」の感想

続きを見る

おすすめ
6月20日にWOWOWで放送された「L'Arc~en~Ciel1997 REINCARNATION Dec. 23, 1997 東京ドーム」の感想

続きを見る

7月16日(金)にWOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「1999 GRAND CROSS CONCLUSION」の感想

続きを見る

8月21日(土)WOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「CLUB CIRCUIT 2000 REALIVE -NO CUT-」の感想

続きを見る

9月23日(木)WOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「TOUR 2000 REAL」 Dec. 6, 2000 東京ドームの感想

続きを見る

ラルクファン要チェック!
8月22日(日)にライブ配信された「30th L'Anniversary Starting Live "L'APPY BIRTHDAY!"」の感想

続きを見る

9月23日(木)WOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「TOUR 2000 REAL」 Dec. 6, 2000 東京ドームの感想

続きを見る

11月26日(金)WOWOWで放送されたL'Arc-en-Ciel 「AWAKE TOUR 2005 前夜祭 「今夜奇跡が起きる!?」感想

続きを見る

2022年1月11日にWOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「LIVE 2014 at 国立競技場」の感想

続きを見る

男性必見!

シリーズ累計400万個突破の精力系サプリ!/

注文ゲーミングパソコン!

今がチャンス!

今読まれている記事!

おすすめ記事はコレだ

ゲーム デスク環境 買ってよかった

【2023年】デスク環境、ゲーム環境の紹介【今後の課題】

去年デスク環境、ゲーム環境を紹介したので、それの2023年版。 当たり前のように毎日使うデスク環境。 でも、ちょっとした工夫で、その使い心地は大きく変わる。 僕のデスク環境を紹介するこの記事では、快適さと効率を追求したアイテム選びから、僕が実際に体験した変化とその効果をお伝えしようと思う。 この記事をきっかけにデスク環境を見直すきっかけになれば幸いです。 ちなみにゲーム環境については去年と何も変わっていないので詳しくは👇の記事を参考にしてみてください。 現状のデスク環境 まずは2023年版、最新のデスク環 ...

続きを見る

Switch ゲーム メガテン5 真・女神転生

真・女神転生5元ネタ【ダウンロードコンテンツに登場する悪魔編】

「真・女神転生5」が発売られるまでいよいよ1ヶ月を切ろうとしている。 そんな中10月21日に有料ダウンロードコンテンツが配信されることが発表されたけどその中に「真・女神転生3」の人修羅がいるではないか。 しかも「マニアクス」で戦った「魔人」たちもいるし。 それ以外にも多分初登場の悪魔もいるので今回は「真・女神転生5」に登場するダウンロードコンテンツされる悪魔の元ネタを紹介しようと思う。 真・女神転生5で配信されるダウンロードコンテンツの中身 まずは配信されるダウンロードコンテンツと値段を紹介。 タイトル ...

続きを見る

WOWOW ラルク

5月23日(日)にWOWOWで放送された「L'Arc-en-Ciel「20th L'Anniversary Year Live in Hawaii」 May 31, 2012 Waikiki Shell」の感想

ちょっと遅くなっちゃったけど5月23日にWOWOWで放送されたラルクのハワイライブの感想を記事にしてみた。 WOWOWでの放送ということもあるけど見れなかった人などの参考にしていただければ。※ネタバレの可能性もあり。 ハワイライブとは? このライブは2012年5月31日に「虹の楽園」といわれるハワイ・ホノルルで開催された結成20周年イヤーの最終公演の様子を映像化した野外ライブ。 この日がホノルル市の「L’Arc~en~Cielの日」に制定されたおめでたいライブでもある。 セトリ 今回放送されたセトリが以下 ...

続きを見る

ブログ 月次報告

【ブログ運用報告】4ヶ月目の収益やPV報告

ちょっと遅くなっちゃったけど毎月お馴染みのブログ報告。 5月の頭はAFFINGER5を導入したけど、結論としては「PV数は下がったけど、収益は微増した」となった。 なので今回の記事は こんな方におすすめ ブログ運用4ヶ月目の現実を知りた AFFINGER5を導入して変化はあったのか? など知りたい方におすすめなので参考にしてほしい。 【ノブンブログの記事数/PV/収益】 まずは今月の記事数などの紹介。 2021/0501~2021/0531 記事数・・・10記事 文字数・・・約1,000文字~約4,500 ...

続きを見る

ブログ 月次報告

【月次報告ノブンブログ7月号】未来を予測するのは難しい

ここ数ヶ月はPV数は低空飛行を続けていたいたけど6月は久しぶりに5,000PV越えを達成できた!。 久しぶりに希望がチラッと見えたと思ったけど同時にブログを続ける難しさを実感した1ヶ月でもあった。 ノブンブログ【記事数/文字数/PV/収益】報告 まずは6月の状況を報告。 年月記事数PV収益2022/0655,175約6,000円2022/0564,617約1,000円2022/0464,888数百円 記事の数は下がった 記事数はまたまた5記事に戻ってしまった。 最近は6記事執筆できるよう目標にしてきたけど ...

続きを見る

-WOWOW, ラルク