WOWOW ラルク

2月25日WOWOWで放送された【ラルクL'Anniversary TOUR@京セラドーム】の感想

2021年2月26日

本ページはプロモーションが含まれています。

前回の【L'A HAPPY NEW YEAR】に続いて今回は、20th L'Anniversary TOUR@京セラドームの感想等を記事にした。

※一部ネタバレあり

L'Anniversary TOURとは

2011年12月4日に京セラドームでおこなわれたツアー最終公演。思えばこの年は、ラルクにとっては結成20周年と記念した年でもあるが、日本は震災があった年でもあった。
色々大変な時期ではあったが、それでもラルクは動いてくれた。

その年に3枚のシングルをリリースし、「X X X」はオリコンチャート首位を獲得し、「3つの十年代連続」でシングルの首位を獲得し、バンドとしてはサザンオールスターズ、B'zに次ぐ史上3組目の偉業を達成した。

引用元:ウィキペディアより

波乱の年ではあったが、その最終公演として行われたのがこのライブなのだ。

セトリ

  1. Fare Well
  2. Caress of Venus
  3. GOOD LUCK MY WAY
  4. HEAVEN'S DRIVE
  5. flower
  6. DRINK IT DOWN
  7. ガラス玉
  8. forbidden lover
  9. MY HEART DRAWS A DREAM
  10. REVELATION
  11. SEVENTH HEAVEN
  12. Driver's High
  13. STAY AWAY
  14. READY STEADY GO
  15. Anemone
  16. CHASE
  17. Link

Dune、X X X、Hurry Xmasは、放送ではカットされていた。

個人的には、Duneが観たかったな~。

 

衣装

hyde

最近のライブではお馴染みの、コーンロウヘアスタイル。
衣装も、上はジャケット、下がダボダボのズボンで、いずれも黒。
マイクは、エンブレムが入っている、シルバーのマイク。この時辺りから現在まで、このマイクを使っている。

tetsuya

黒髪の髪色がちょっと新鮮だった。
珍しく、黒と水玉の模様の衣装。ベースは、相変わらずピンクがメイン。

Ken

上下黒の革製品の衣装で、胸が大きく開いていた。ズボンが、ぱっつんぱっつんだった。
サングラスは、いつの間にか外していた。

yukihiro

「L'A HAPPY NEW YEAR」より髪が伸びた。現在の、長さとは中間ぐらい。
白色の衣装も似合っているね。
ドラムセットは、この当時ではお馴染みの「要塞型」。

ライブ

ここから各ライブの状況を紹介。

1:Fare Well

このライブで聞きたかった一曲。
いきなり、アカペラで歌い、オーケストラの演奏でドラムが印象的
こんないい曲だったっけ?と思わず感動してしまった。

途中から始まる、ドラムが印象的だった。
初っ端から、クライマックス感があるスタートだ。

2:Caress of Venus

アルバム「True」と同じ流れの始まり方。
アレンジは特に変わっていないけど、オーケストラが入っているせいか、雰囲気が変わった。

今までのアレンジとは違い、広がるような、オープンな感じがする。

3:GOOD LUCK MY WAY

久しぶりに聞いた気がする。
ギターが、ゴツイ感じがして、ロック色が強い。
この時のKenさん、うれしそうな顔をしていた

4:HEAVEN'S DRIVE

テンポは速くなるのはお馴染みだけど、オーケストラが入っているせいか、印象が変わる。
オーケストラの演奏が入ることで、ドラマチックな印象が加わった感じ。

それにしても、ベースのうねりがすごい。

 MC

「二十歳になったラルクアンシエルです」と、あいさつするhydeさん。

5:flower

Aメロ後半に流れる効果音(ぽわ~ン)が「L'A HAPPY NEW YEAR」と違っていた。
Bメロは、それにプラスピアノ入る所が印象的。



6:DRINK IT DOWN

Aメロの、警告音のようなノイズが控えめ。
曲もヘビィで、演出も派手だから好きだ。

僕の好きな一曲、懐かし~。

7:ガラス玉

変わった入り型。
水の中というよりは、雨に打たれたような入り方でスタート。

幻想的なギターで始まり、それを追いかけるように、ベース、ドラムの音色が追う。
サビが、CD版より解放感が増した感がある。

この曲で、yukihiroさんのドラムを叩く姿が好きなんだよね。

8:forbidden lover

この曲の始まりである、ドラムのスネア音、兵隊の行進のようなテンポが好きだな~。
相変わらず、この曲のベースの主張は、強い。
オーケストラ感が強く、hydeさんが,天を仰ぐようなポーズをしていたのが印象に残る。

9:MY HEART DRAWS A DREAM

曲始まりが、他のライブとは違い、オーケストラが演奏していることもあるが、色で言うと「白」で、幻想的な雰囲気の中、Kenさんがギターを弾いている。
イントロのギターと、ピアノの主張が強くギターのテンポも、違う気がする。

10:REVELATION

メンバーはカートに乗って、煙を噴射させながら、観客の周りを、徘徊していた。
hydeさんは、帽子をかぶり、お神輿状態で登場。
徘徊しながら歌う姿は「awake」時代を、彷彿させる。
この時はまだ、バンドスタイルで演奏していたんだね。



11:SEVENTH HEAVEN

間髪いれず「SEVENTH HEAVEN」
この時、帽子は外したんだね。

「L'A HAPPY NEW YEAR」に比べ、大型モニターを使った演出が派手。
hydeさんの、サビで声の伸びがすごく、音も、機械的な効果音が印象的。

12:Driver's High

モニターに、車のメータのように針が回り、エンジンをふかす演出が派手。
サビの音が、明るいかもしれない。

珍しくhydeさんがフルで歌いきった。

13:STAY AWAY

始まりはお馴染みのバナナをピックに見立て、直ぐに投げベースソロからのスタート。
ちょっとロック感強め。

14:READY STEADY GO

テンポアップされた、ライブではお馴染みの曲。
サビの効果音が違う(ピアノではない)。

15:Anemone

一番聞きたかった曲。
オーケストラ感が増し、少し儚い音色。

hydeさんの歌唱力がえげつない。
こんなに伸びるのか?と思うぐらいCD版と遜色ないクオリティ。



16:CHASE

エレクトロニクスなイントロで始まり、Kenさんのワイルドなギターが聴きどころ。
近未来的で、PVの世界観が中心の演出。

17:Link

これも、お馴染みの曲。
オーケストラありでドラムが少し、力強くなっている。

MC

「CHASE」のことやアルバムについて話す。

18:虹 

オーケストラがあるかもしれないけど、イントロの入りが違った。

バランスのいいセトリ

シングル13曲、アルバム5曲と、バランスのいいセトリになったと思う。
特に、一番観たかった「Anemone」が拝めて満足(欲を言えばカットされたDuneも観たかったが)。

ジャカルタ放送まで、一ヶ月近く先なので、ラルク熱が冷めないように、音楽聞きまくろうと思う。

WOWOWで放送されたラルクの記事

WOWOWで放送されたラルクの記事が以下になります。

要チェック!!
2月23日(火)WOWOWで放送された、ラルクの【L'A HAPPY NEW YEAR】の感想

続きを見る

2月25日WOWOWで放送された【ラルクL'Anniversary TOUR@京セラドーム】の感想

続きを見る

おすすめ
3月28日にWOWOWで放送された【L'Arc-en-Ciel『WORLD TOUR 2012』May 2, 2012 Jakarta Lapangan D Senayan】の感想

続きを見る

4月25日にWOWOWで放送された「20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL」USJ野外特設会場公演の感想

続きを見る

5月23日(日)にWOWOWで放送された「L'Arc-en-Ciel「20th L'Anniversary Year Live in Hawaii」 May 31, 2012 Waikiki Shell」の感想

続きを見る

おすすめ
6月20日にWOWOWで放送された「L'Arc~en~Ciel1997 REINCARNATION Dec. 23, 1997 東京ドーム」の感想

続きを見る

7月16日(金)にWOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「1999 GRAND CROSS CONCLUSION」の感想

続きを見る

8月21日(土)WOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「CLUB CIRCUIT 2000 REALIVE -NO CUT-」の感想

続きを見る

9月23日(木)WOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「TOUR 2000 REAL」 Dec. 6, 2000 東京ドームの感想

続きを見る

ラルクファン要チェック!
8月22日(日)にライブ配信された「30th L'Anniversary Starting Live "L'APPY BIRTHDAY!"」の感想

続きを見る

9月23日(木)WOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「TOUR 2000 REAL」 Dec. 6, 2000 東京ドームの感想

続きを見る

11月26日(金)WOWOWで放送されたL'Arc-en-Ciel 「AWAKE TOUR 2005 前夜祭 「今夜奇跡が起きる!?」感想

続きを見る

2022年1月11日にWOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「LIVE 2014 at 国立競技場」の感想

続きを見る

男性必見!

シリーズ累計400万個突破の精力系サプリ!/

注文ゲーミングパソコン!

今がチャンス!

今読まれている記事!

おすすめ記事はコレだ

ゲーム メガテン3 真・女神転生

【真・女神転生3REMASTER】世界観とレビュー

去年発売された「真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER」。PS2版も遊んだことがあったので、購入しようか悩んだけど「ライドウ」しかでないものだと思っていたけどその後の情報でマニアクス版も有料だけどダウンロードできるようだったので即予約した。 久しぶりに遊んでみたけどやっぱり面白い。けど、やはり不満点もある。PS2時代から感じていたものがこのリマスター版でも反映されていたのでその辺りをレビューしようと思う。 ※一部ネタばれアリ 大まかなストーリー 東京に住む主人公はクラスメイトの千明と ...

続きを見る

松屋

噛み応えのあるお肉が苦手な人はお勧めできない【松屋 牛ヒレ肉のカットステーキ】レビュー

11月23日から東日本地域を中心に発売されたこの「牛ヒレ肉のカットステーキ」。 タイトルにも書いてある通りだけど、結論としては味はおいしかったけど牛肉がちょっと硬くて食べにくかったんだよね。 自分の顎が弱いとからっと言われればそれまでだけど、そのあたりの感想も含めてレビューしていこうと思う。 松屋の牛ヒレ肉のカットステーキとは? 去年あたりに「牛リブロースのカットステーキ」というステーキ定食が登場したんだけど、今回は「牛ヒレ肉」を使ったステーキ定食として登場。 この定食の特徴は牛ヒレ肉以外にも「レイフォー ...

続きを見る

PS4 Switch ゲーム メガテン5 元ネタ解説 真・女神転生

【真・女神転生5】元ネタ【軍神編】

久しぶりの真・女神転生の元ネタ記事。 今回は「5」登場する軍神について紹介しようと思う。 軍神とは? 読み方としては「ぐんしん」又は「いくさがみ」と呼び、意味はまんまだけど戦いを司る神、大きな功績を挙げた軍人の名誉のある呼称を指す。 軍神は世界中の神話にも登場し、たとえば以前このブログでも記事にした大天使のミカエルは軍人の天使として信仰されていたり 日本神話に登場するタケミカヅチも軍神と言われている。 メガテン5の軍神 今回紹介するメガテン5の軍神が以下。 ネコショウグン ヨシツネ ガネーシャ ジークフリ ...

続きを見る

レポート

ワンフェス初心者の冒険!手に入れたフィギュアと魅力的な展示作品

ついに初めてワンフェスに一般参加で行ってしまった。ワンフェスとは、フィギュアや模型などのホビーイベント、ワンダーフェスティバルの略で、毎年夏と冬に開催されている。 前々からワンフェスには興味はあったけど、ガレージキットを作ったこと無いし、こんな素人が行っても良いものなのか、なかな一歩が踏み出せなかったんだ そんな僕が重い腰を上げてなぜ今回ワンフェスに行ってみたのか?僕がワンフェスで購入したフィギュアや何が展示されているのかレポートにしてみたので、まだワンフェスに行ったことが無い人や興味がある人は参考にして ...

続きを見る

PS4 Switch ゲーム モンハン

【モンハンライズ】を遊んで気づいた【ニンテンドースイッチ】問題点

昨日届いた「モンハンライズ」をだいたい7時間近く(この記事を出すころには10時間ぐらい行ってそう)遊んだ。久しぶりの「任天堂」の据え置き機ということもあり、色々気づいたことがあったので、メリット、デメリットを記事にしようと思う。 【スイッチ】と【PS4】 を比較 このサイズもメリットにつながるかもしれないけど、「PS4」と比べて比較してみようと思う。 サイズ まずは正面から。明らかに「スイッチ」が小さい。 横から見た写真。 「スイッチドック」をいれると「PS4」の方が少しスリムだけど、「スイッチ本体」は「 ...

続きを見る

-WOWOW, ラルク