WOWOW ラルク

2月25日WOWOWで放送された【ラルクL'Anniversary TOUR@京セラドーム】の感想

2021年2月26日

本ページはプロモーションが含まれています。

前回の【L'A HAPPY NEW YEAR】に続いて今回は、20th L'Anniversary TOUR@京セラドームの感想等を記事にした。

※一部ネタバレあり

L'Anniversary TOURとは

2011年12月4日に京セラドームでおこなわれたツアー最終公演。思えばこの年は、ラルクにとっては結成20周年と記念した年でもあるが、日本は震災があった年でもあった。
色々大変な時期ではあったが、それでもラルクは動いてくれた。

その年に3枚のシングルをリリースし、「X X X」はオリコンチャート首位を獲得し、「3つの十年代連続」でシングルの首位を獲得し、バンドとしてはサザンオールスターズ、B'zに次ぐ史上3組目の偉業を達成した。

引用元:ウィキペディアより

波乱の年ではあったが、その最終公演として行われたのがこのライブなのだ。

セトリ

  1. Fare Well
  2. Caress of Venus
  3. GOOD LUCK MY WAY
  4. HEAVEN'S DRIVE
  5. flower
  6. DRINK IT DOWN
  7. ガラス玉
  8. forbidden lover
  9. MY HEART DRAWS A DREAM
  10. REVELATION
  11. SEVENTH HEAVEN
  12. Driver's High
  13. STAY AWAY
  14. READY STEADY GO
  15. Anemone
  16. CHASE
  17. Link

Dune、X X X、Hurry Xmasは、放送ではカットされていた。

個人的には、Duneが観たかったな~。

 

衣装

hyde

最近のライブではお馴染みの、コーンロウヘアスタイル。
衣装も、上はジャケット、下がダボダボのズボンで、いずれも黒。
マイクは、エンブレムが入っている、シルバーのマイク。この時辺りから現在まで、このマイクを使っている。

tetsuya

黒髪の髪色がちょっと新鮮だった。
珍しく、黒と水玉の模様の衣装。ベースは、相変わらずピンクがメイン。

Ken

上下黒の革製品の衣装で、胸が大きく開いていた。ズボンが、ぱっつんぱっつんだった。
サングラスは、いつの間にか外していた。

yukihiro

「L'A HAPPY NEW YEAR」より髪が伸びた。現在の、長さとは中間ぐらい。
白色の衣装も似合っているね。
ドラムセットは、この当時ではお馴染みの「要塞型」。

ライブ

ここから各ライブの状況を紹介。

1:Fare Well

このライブで聞きたかった一曲。
いきなり、アカペラで歌い、オーケストラの演奏でドラムが印象的
こんないい曲だったっけ?と思わず感動してしまった。

途中から始まる、ドラムが印象的だった。
初っ端から、クライマックス感があるスタートだ。

2:Caress of Venus

アルバム「True」と同じ流れの始まり方。
アレンジは特に変わっていないけど、オーケストラが入っているせいか、雰囲気が変わった。

今までのアレンジとは違い、広がるような、オープンな感じがする。

3:GOOD LUCK MY WAY

久しぶりに聞いた気がする。
ギターが、ゴツイ感じがして、ロック色が強い。
この時のKenさん、うれしそうな顔をしていた

4:HEAVEN'S DRIVE

テンポは速くなるのはお馴染みだけど、オーケストラが入っているせいか、印象が変わる。
オーケストラの演奏が入ることで、ドラマチックな印象が加わった感じ。

それにしても、ベースのうねりがすごい。

 MC

「二十歳になったラルクアンシエルです」と、あいさつするhydeさん。

5:flower

Aメロ後半に流れる効果音(ぽわ~ン)が「L'A HAPPY NEW YEAR」と違っていた。
Bメロは、それにプラスピアノ入る所が印象的。



6:DRINK IT DOWN

Aメロの、警告音のようなノイズが控えめ。
曲もヘビィで、演出も派手だから好きだ。

僕の好きな一曲、懐かし~。

7:ガラス玉

変わった入り型。
水の中というよりは、雨に打たれたような入り方でスタート。

幻想的なギターで始まり、それを追いかけるように、ベース、ドラムの音色が追う。
サビが、CD版より解放感が増した感がある。

この曲で、yukihiroさんのドラムを叩く姿が好きなんだよね。

8:forbidden lover

この曲の始まりである、ドラムのスネア音、兵隊の行進のようなテンポが好きだな~。
相変わらず、この曲のベースの主張は、強い。
オーケストラ感が強く、hydeさんが,天を仰ぐようなポーズをしていたのが印象に残る。

9:MY HEART DRAWS A DREAM

曲始まりが、他のライブとは違い、オーケストラが演奏していることもあるが、色で言うと「白」で、幻想的な雰囲気の中、Kenさんがギターを弾いている。
イントロのギターと、ピアノの主張が強くギターのテンポも、違う気がする。

10:REVELATION

メンバーはカートに乗って、煙を噴射させながら、観客の周りを、徘徊していた。
hydeさんは、帽子をかぶり、お神輿状態で登場。
徘徊しながら歌う姿は「awake」時代を、彷彿させる。
この時はまだ、バンドスタイルで演奏していたんだね。



11:SEVENTH HEAVEN

間髪いれず「SEVENTH HEAVEN」
この時、帽子は外したんだね。

「L'A HAPPY NEW YEAR」に比べ、大型モニターを使った演出が派手。
hydeさんの、サビで声の伸びがすごく、音も、機械的な効果音が印象的。

12:Driver's High

モニターに、車のメータのように針が回り、エンジンをふかす演出が派手。
サビの音が、明るいかもしれない。

珍しくhydeさんがフルで歌いきった。

13:STAY AWAY

始まりはお馴染みのバナナをピックに見立て、直ぐに投げベースソロからのスタート。
ちょっとロック感強め。

14:READY STEADY GO

テンポアップされた、ライブではお馴染みの曲。
サビの効果音が違う(ピアノではない)。

15:Anemone

一番聞きたかった曲。
オーケストラ感が増し、少し儚い音色。

hydeさんの歌唱力がえげつない。
こんなに伸びるのか?と思うぐらいCD版と遜色ないクオリティ。



16:CHASE

エレクトロニクスなイントロで始まり、Kenさんのワイルドなギターが聴きどころ。
近未来的で、PVの世界観が中心の演出。

17:Link

これも、お馴染みの曲。
オーケストラありでドラムが少し、力強くなっている。

MC

「CHASE」のことやアルバムについて話す。

18:虹 

オーケストラがあるかもしれないけど、イントロの入りが違った。

バランスのいいセトリ

シングル13曲、アルバム5曲と、バランスのいいセトリになったと思う。
特に、一番観たかった「Anemone」が拝めて満足(欲を言えばカットされたDuneも観たかったが)。

ジャカルタ放送まで、一ヶ月近く先なので、ラルク熱が冷めないように、音楽聞きまくろうと思う。

WOWOWで放送されたラルクの記事

WOWOWで放送されたラルクの記事が以下になります。

要チェック!!
2月23日(火)WOWOWで放送された、ラルクの【L'A HAPPY NEW YEAR】の感想

続きを見る

2月25日WOWOWで放送された【ラルクL'Anniversary TOUR@京セラドーム】の感想

続きを見る

おすすめ
3月28日にWOWOWで放送された【L'Arc-en-Ciel『WORLD TOUR 2012』May 2, 2012 Jakarta Lapangan D Senayan】の感想

続きを見る

4月25日にWOWOWで放送された「20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL」USJ野外特設会場公演の感想

続きを見る

5月23日(日)にWOWOWで放送された「L'Arc-en-Ciel「20th L'Anniversary Year Live in Hawaii」 May 31, 2012 Waikiki Shell」の感想

続きを見る

おすすめ
6月20日にWOWOWで放送された「L'Arc~en~Ciel1997 REINCARNATION Dec. 23, 1997 東京ドーム」の感想

続きを見る

7月16日(金)にWOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「1999 GRAND CROSS CONCLUSION」の感想

続きを見る

8月21日(土)WOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「CLUB CIRCUIT 2000 REALIVE -NO CUT-」の感想

続きを見る

9月23日(木)WOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「TOUR 2000 REAL」 Dec. 6, 2000 東京ドームの感想

続きを見る

ラルクファン要チェック!
8月22日(日)にライブ配信された「30th L'Anniversary Starting Live "L'APPY BIRTHDAY!"」の感想

続きを見る

9月23日(木)WOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「TOUR 2000 REAL」 Dec. 6, 2000 東京ドームの感想

続きを見る

11月26日(金)WOWOWで放送されたL'Arc-en-Ciel 「AWAKE TOUR 2005 前夜祭 「今夜奇跡が起きる!?」感想

続きを見る

2022年1月11日にWOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「LIVE 2014 at 国立競技場」の感想

続きを見る

男性必見!

シリーズ累計400万個突破の精力系サプリ!/

注文ゲーミングパソコン!

今がチャンス!

マイプロテインより、お得なセット商品が新登場/
セット内容:
・プロテイン1kg x1個
・クレアチン 100g x1個
・シェイカー×1個
詳細はサイトでチェック👇!


今イチ押しの記事!

おすすめ記事はコレだ

ブログ 月次報告

【ブログ運用報告】10ヶ月目6000PV達成 11月はモチベーションが下がっていた

気づけば今年もあと1ヶ月弱で終わりだね。 エアコンの暖房も使うようになっていよいよ冬到来の時期に差し掛かってきたけど、11月はやばかったよ。 この後、諸々PV数などは紹介するけど数字的には満足いく内容だったし不満もないけど気持ちが崩れかけた。 ノブンブログ【記事数/文字数/PV/収益】報告 まずは11月の運用報告を紹介。 記事数 11記事 文字数 1,400~約3,000文字数 PV数 6,379PV 収益 約1,300円 2021/10/1~2021/10/31 記事数 9記事 文字数 1,600~約6 ...

続きを見る

Switch ゲーム

コツさえつかめば難しくない!【カスタムロボV2 激闘編】攻略法

最近ようやくカスタムロボV2の激闘編がクリアできたのでその攻略法を紹介。 と言っても64時代を遊んだことがあるユーザーからしたらある程度、攻略も分かっているだろうしネットを検索すれば攻略方なんていくらでも乗っているので参考程度に読んでみてほしい。 激闘編はコツさえつかめば難しくない 先に結論から書くとカスタムロボV2の激闘編は一見難しそうでけど、コツやルールをちゃんと把握していると意外と難しくないんだ。 確かに敵が強かったり高い壁にぶつかるケースもあるけど、そこはニンテンドースイッチのシステムを利用すれば ...

続きを見る

ゲーム

追い詰められたのはプレステ5⁉ニンテンドースイッチとSteam Deckが競合しない理由

アメリカのValve Corporationが運営するPCゲーム「Steam」。 そのSteamを持ち運べるようにしたゲーム機「Steam Deck」。 日本でも発売されることになって、ついこの間の東京ゲームショウで試遊した僕もその魅力にハマった一人だけど、果たして他のハードと競合しないか?。 僕なりに検証した結果を記事にしたので参考にしてみてほしい。 Steam Deckの公式サイトへ移動! Steam Deckとの出会いは衝撃的だった 9月に開催された東京ゲームショウ2022でSteam Deckを試 ...

続きを見る

PS4 Switch ガジェット ゲーム デスク環境

【ゲーミングヘッドセット GSP 301レビュー】おおむね良好、唯一のデメリット 

ちょっと前にAmazoプライムデーが開催された時にゲームヘッドセットを購入したんだよね。 使っていたヘッドセットは「ARKARTECH G2000」という2年ぐらい前に買ったものを使っていたけど、色々不満があってこの機会に買ちゃった。 まだ使い始めて3日ほどだけど、結論としては「以前使っていたものよりいい買い物をしたけど一つだけ不満がある」という風になったので今回は↓ こんな方におすすめ ARKARTECH G2000の不満点を知りたい GSP 301のデザイン GSP 301の良かった所、不満点 音にこ ...

続きを見る

ゲーム

僕が持っている【ニンテンドー3DS】ソフト紹介

ご存じの方も多いかと思うが「ニンテンドー3DS」が去年、生産が終了し、今年の3月いっぱいで修理の受付を終了すると発表した。1つの時代が終わった瞬間でもあるが、今回はこの「3DSで購入したソフト」を紹介しようと思う。といっても、そこまで多くはないけど・・・。 スイッチの存在 そもそもニンテンドー3DSが生産や修理が終わる理由は、いろいろあるかもしれないけど、原因の一つに、ニンテンドースイッチの存在がデカかったのかもしれない(っと勝手に思っている)。 モニターに繋いで大画面でプレイできるし 携帯用ゲーム機とし ...

続きを見る

-WOWOW, ラルク