Amazon ガジェット デスク環境 パソコン 楽天

初デビュー【Logicool ERGO M575】トラックボール初心者でも使いこなせるか?

本ページはプロモーションが含まれています。

前回の記事で「Lenovo IdeaPad Flex 550i」を取り上げたけど、そのノートパソコンが届くちょっと前に新しいマウスを購入したんだ。

それが今回紹介するLogicool ERGO M575。

しかも人生初挑戦のトラックボール!

まだ導入して間もないけど、トラックボールを使ったことがない自分の結論を上げると「時間をかければ慣れるしむしろ、以前のマウスには戻れない」という答えになった。

なのでまだトラックボールを試したことがない人やこのマウスに興味があった人はこの記事を参考にしてほしい。

「ロジクールM575」をAmazonで確認する

新しいマウスを購入した経緯

そもそもなぜ新しいマウスを購入するようになったのか?
興味はないかもしれないけどちょっとだけ紹介。

以前のは付属のマウスを使用

以前まではdynabookのノートパソコンを購入した際に付属で付いてきたマウスを長年使っていたんだけど、なぜ今頃買い替えたのか?

その理由が以下より。

  1. すべする
  2. レシーバーが壊れた
  3. 手首が疲れる

表面がすべすべする

光沢のあるマウスなんだけど、このボディは指紋が付きやすく定期的に拭いても手汗で滑りやすくなって不快だった。

買った当初はそこまで気にならなかったけど、最近、急に気になりだして僕的にはストレスだった。

レシーバーが壊れた

ある意味、決定的な出来事がこのレシーバーが壊れたこと。

ノートパソコンを取り出そうと瞬間に何かに引っかかって壊れてしまったっぽい。

一応、使えななくはないけど、中の機器がむき出しだから使えなくなるのも時間の問題。

手首が疲れる

今年からブログを始めたこともあってパソコンを扱う機会も増え、必然的にマウスを扱う時間も長くなった。

トラックパッド使えばいいじゃんと言われそうだけど、正直僕は使いにくく扱えていないんだよね。

僕はトラックパッドよりマウス派です。

本業もパソコンを使うし、家に帰ってきても使う、ほぼ一日中マウスを使うから手首にも疲労が来ているのかもしれない。

腱鞘炎になるほど症状はでてないけど、明らかに疲労がたまっている感があるんだよね。

【Logicool ERGO M575】スペック

と前置きはここまでにしてここから本題。

まずはLogicool ERGO M575のスペックを紹介。

正式名所 M575S
タイプ トラックボール
ボタン数 5
本体サイズ (横x奥行x高さ)mm 100 x 134 x 48
重量 145g
接続方法 2.4 GHz USBレシーバー
又はBluetooth low energyテクノロジー
バッテリー(寿命) 単三形乾電池 x 1(約24ヶ月)
カラー ブラック
値段 4,990円

「ロジクールM575」をAmazonで確認する

手に馴染みやすいデザイン

外見は手にフィットしやすいデザインが特徴的。

手を添えるとこんな感じ。

特に意識せずただ手を置いただけだけど、自然にマウスにフィットできている。

おかげで手を動かす必要がなく手の疲れが軽減できている。

表面はサラッとした素材だからベタつく感じもない。

クリックの許容範囲が意外と広い

あとで気づいたけど、意外とクリックの許容範囲が広い。

これは手が小さい人でもクリックがしやすくなっているからと思うから安心材料の一つになるかな。

トラックボールを使いやすくするデザイン

正面から見てみるとマウスに傾斜になっている。

普通のマウスと比べて角度がついているけど、これはトラックボールが動きやすいようにこのデザインになったと思う。

真横だと使いずらそうだし。

スムーズにポインタは動く

トラックボールの名に恥じず、特に引っかかるようなこともなく、スムーズにマウスポインタが動かせる。

逆にスムーズに動きすぎて止めるのにコツが必要かも。

スクロールは静か

クリックする時はカチカチ音はするけどそこまで大きくはない。
少なくとも以前使っていたマウスに比べたら明らかに音は小さくなっている。

スクロール音はかなり静か。
回す音は無音の部屋にいたら気づくレベル。

音に関するストレスは個人的には感じないかな。

Logicool ERGO M575の接続方法

肝心の接続方法だけど、2種類あって状況に応じて対応できるようになっている。

  • USBレシーバー
  • Bluetooth

これらの接続方法を紹介。

1.簡単に接続できるUSBレシーバー

接続方法はいたって簡単。

①パソコンにUSBレシーバーを指す。

②マウス裏側のスイッチを押すだけで完了。

白い光がUSB用なのでそこだけ気を付ければすぐに使える。

簡単に接続できるので個人的にはこれがおすすめ。

レシーバーを使う分こっちにすると電池の持ちが良くなるなるし。

ただしパソコン側のUSBポートを使用するため足りなくなる可能性があるか事前にチェックしておくのがいいかも。

2.手間なのはBluetooth接続

ちょっと面倒なのがBluetooth接続。

①「スタート」より「設定」を開く

まずは設定画面を開く。

②デバイスを選択

③「Bluetoothまたはその他のデバイス」を選択

④「Bluetooth、マウス~」を選択

⑤「デバイスを追加する」画面でマウス裏側のボタンを青色になるまで押し続ける

パソコン側の「デバイスを追加する」の画面になるのでその間に

マウス側の裏にある〇ボタンを押し続けて青色になるまで押しつ続ける完了。

Bluetooth接続はUSBポートを使わないのがいい所。

ただ僕だけのケースかもしれないけどこのBluetooth接続をすると若干ポインターの移動が遅延、止まったりしたりすることがあったから僕は使っていない。

接続方法はUSBポートの数次第

簡単に接続方法をまとめるとこんな感じ。

レシーバー接続のメリット

  • 接続が簡単
  • 安心、確実に操作できる

レシーバー接続のデメリット

  • USBポートが埋まる
  • ノートパソコンにつけっぱなしだと引っかかる

レシーバー接続すればすぐに使えるのがいい所だけどその分、USBポートを一つ埋まってしまうのがデメリットに繋がる。

Bluetooth接続のメリット

  • USBポートを使わない

Bluetooth接続のデメリット

  • 使えるようになるまでの設定が面倒
  • 時々止まる

Bluetooth接続はレシーバーを使わないからUSBポートを使う必要がないけど使うまでの設定がやや面倒。

しかも時々ポインターが止まったり不安定な動きをするから使いにくかった。

主観だけど僕はレシーバー接続の方をおすすめする。

なぜなら接続の挙動が安定してるし確実に動いてくれるのはこのレシーバー接続だからね。

万が一レシーバーを使わなければマウス裏側にレシーバーが格納できるので保管も安心。

電池の寿命が長い

電池の寿命が単三形乾電池1本で約24ヶ月もつ驚異の長さ。

一日に使う頻度にもよるかもしれないけど長いのは確かみたい。

ボタンのカスタマイズが可能

僕は使ってないけどLogicoolの公式サイトで「Logicool Options」というアプリをダウンロードをすればボタンを自分好みにカスタマイズできる。

僕の場合、デフォルトの状態、「進む」「戻る」でも不満がないからいじってないけどね。

【Logicool ERGO M575】気になるところ

ここまでいいところしか紹介しなかったけどここからはちょっと気になったところの紹介。

これをデメリットと捉えるかは人それぞれだけど参考程度に読んでみてほしい。

マウスのサイズがでかい

手にフィットしやすいデザインになっている分、マウスのサイズが大きいのが特徴。

ただこのデザインが操作しやすい形になっているし長所でもあり短所でもあるけど、これを気にするのは人はそこまでいないかもしれない。

親指が疲れる

マウスのポインター移動が手首を使わなくなったおかげで疲労が減ったけど今度は親指が疲れやすいくなっている。

ブログの執筆をしていた時に一息入れようと思いスマホを使おうと思ったら「あれ?親指が・・・」。

筋肉痛とまでは言わないけど、疲労がたまっている感があったんだ。

これはトラックボールにまだ慣れていないからかもしれないけど、これから購入予定の人はこの辺りは要チェック。

細かい作業に慣れが必要

トラックボールの性質かもしれないけど、移動は楽になったけど、細かい移動、ピンポイントの作業には慣れが必要。

ボタンをクリックしたいのに中々ポインタが合わない状況が最初はあったけど、これは時間が解決してくれるからそこまで心配はいらないかな。

「ロジクールのM575」楽天で詳しく確認する

Logicool ERGO M575は初心者にも向いている

色々語ったけど、個人的に初心者にもこのマウスは向いていると思うし、付け加えるとこんな感じでおすすめできるかな。

  • デスクのスペースが限られている
  • 腱鞘炎になりたくない
  • 接続方法を選べる
  • ボタンをカスタマイズできる

マウスはでかいけど動かす必要なし

確かにマウスは大きく邪魔だな~と思ったけどよくよく考えればマウスを動かす必要がないし、デスクのスペースが限られている人、僕なんかも特別広くもないし、一度マウスの設置場所を決めてしまえばそこで固定されるからむしろ広く使える。

デスクが広くない人は通常のマウスよりトラックボールの方が向いているかもしれない。

腱鞘炎のリスクは下がる

トラックボールの性質上、親指の負担は上がったけどその分腱鞘炎のリスクは下がる。

これはある程度、慣れが必要だけど、以前よりは状況は改善されると思う。

接続方法が選べる

USBレシーバーを使うか?Bluetooth接続にするか?

これは使ってるパソコンにもよるけど選択肢があるのはいいところ。

USBポートに余裕があればばレシーバーを使えばいいし、余裕がなければBluetooth接続すればいいし。

ボタンをカスタマイズしたい

僕はいじってないから説得力がないけど、人によっては「ここはコピーにしたいな~」、「ここは戻るにしたいな~」とか色々不満が出てくる人もいるかもしれない。

いざというときはカスタマイズして設定を変えられるから自分好みにアレンジしたい人はいいかもね。

コスパの良さは伊達じゃない

今回初めてロジクールの商品を買ったけどコスパがいいとか以前からいい評価は耳にしていたけど、想像以上にいい感じだった。

それまではロジクールと聞くとヘッドセットやキーボードなどゲーミング関係の商品が多いイメージだったけど、ビジネス向けの商品もあるみたいだし。

パソコンの周辺機器は今後、ロジクールはもちろん、色々なメーカーにも視野を広げてみようと思う。

半年使い続けて分かったこと

普通のマウスには戻れない【ロジクール M575】レビュー 購入してから半年経った

続きを見る

男性必見!

シリーズ累計400万個突破の精力系サプリ!/

注文ゲーミングパソコン!

今がチャンス!

\マイプロテインより、お得なセット商品が登場/
セット内容:
・プロテイン1kg x1個
・シェイカー×1個

7,280円相当が50%オフの3,590円!
しかも初回限定で送料無料🚛
詳細はサイトでチェック👇!

今読まれている記事!

おすすめ記事はコレだ

松屋

本当に辛い!【松屋 チミチュリソースハンバーグ定食】レビュー 辛いもの好きにおすすめ!

辛さが苦手な人には要注意!2024年5月21日(火)から松屋で販売されている新メニュー「チミチュリソースハンバーグ定食」。 テスト販売時にアルゼンチン大使館の外交官が試食しお墨付になっているメニューだけど、なかなか辛いらしい。 その辛さは一体どれほどなのか?辛さに弱い僕が挑戦してみたので、興味がある人は参考にしてみて欲しい。 チミチュリソースが本当に辛い! 結論から言えば「チミチュリソースが辛すぎて完食がきつかった」。 「チミチュリソース」とは、アルゼンチンやウルグアイが発祥のソースで、パセリ、玉ねぎ、ニ ...

続きを見る

PS4 Switch ゲーム メガテン3 元ネタ解説 真・女神転生

【真・女神転生3】元ネタ【マガタマ編】

前回の記事でもチラッと書いたけど、「真女神転生3」の元ネタになったものを自分なりに調べてみた。 今回はこのゲームを攻略するのには欠かせない「マガタマ」について紹介する。「マガタマ」の名前の由来や元ネタを調べてみたので気になる方は観ていってほしい。 なお、一部ネタバレになる可能性がある所もあるので、一通りゲームをクリアしてからの閲覧をおススメ。 マガタマ(勾玉)とは? そもそもマガタマって何?何に使うのと気になったので僕なりに調べた。 古代のお守り 古代からこの勾玉には不思議な力、魔除けやお祓いのような悪霊 ...

続きを見る

ゲーム

ロックマンの新しい可能性を見せてくれた【ロックマンx】の魅力を紹介

久しぶりにゲームの記事を書こうと思い、考えた時に目が留まったのがこの「ロックマンX」。 実は「X」自体をプレイしたのは最近。去年の12月ぐらいに手に入れたのだ。「X4」はなぜかプレイしたけど・・・。当時はプレステが流行っていたいので、それ以前のシリーズを遊ぶ機会がなかった。そういう意味ではいい時代になったと思う。 結論としては面白かったけど、ちょっと気になった所があったので、そのあたりも紹介と思う。 ロックマン「x」とは? 1993年にスーパーファミコンから発売された作品。実は「ロックマン」から約100年 ...

続きを見る

Switch ゲーム モンハン

【モンハンライズ】を携帯モードにした時の違和感

この記事を書いている時点での「モンハン」の総プレイ時間が24時間を超えた。今は上位クエストを目指して狩りまくっているが、途中からスイッチを携帯モードで遊んでみようと思った(だいたい、5~6時間ぐらい)。3DSのモンハンもやった事があるのである程度慣れればできなくはなかったけど、結論としては「わざわざ携帯モードではやらない」という答えに至った。どうしてこうなったかを今回は記事にしてみた。 途中の説明がこの間の記事と被る所もあるので、そっちも見ておいた方がいいかも。 携帯モードとは? この間の記事でもチラッと ...

続きを見る

松屋

暑い夏にさっぱりしたハンバーグ【松屋 ごろごろ野菜のうまトマハンバーグ定食】レビュー

ちょっとご無沙汰だった松屋の紹介。 今回は8月3日から発売されている「ごろごろ野菜のうまトマハンバーグ定食」を紹介しようと思う。 松屋のハンバーグ自体久しぶり食べたけど結論としては「さっぱりしたハンバーグを食べたい人におすすめ。逆にコッテリ、味の濃いハンバーグが食べたい人にはおすすめできない」となった。 なのでこれからこのハンバーグを食べてみようと検討してる人の参考にしてほしい。 帰ってきたトマトハンバーグ 実はトマトハンバーグ自体は以前も商品化されていたらしく今回は野菜が多く入った期間限定のメニューらし ...

続きを見る

-Amazon, ガジェット, デスク環境, パソコン, 楽天