松屋

カレーというよりトマトソース【松屋 トマトカレー】辛くないカレーはカレーなのか?

2023年6月8日

本ページはプロモーションが含まれています。

2023年6月6日(火)から松屋で発売された復刻メニュー第2弾の新メニュー「トマトカレー」

トマトカレーと名前だけ聞くとそこまで辛くないのは何となくイメージできていたけど、僕が実際に食べてみた感想としては「カレーを食べているというよりトマトソースを食べている感覚だった」。

なぜそう思ったのかを記事にしてみたのでまだこの新メニューを食べたことが無い人は参考にしてみてほしい。

ちなみに他の復刻メニューもレビューしてみたのでこちらも参考にしてみてね。

復刻メニュー第1弾
ごはんは大盛以上を推奨【松屋 トンテキ定食】レビュー ニンニクのインパクトが強い!

続きを見る

復刻メニュー第3弾
いたって普通【松屋 チキン定食】レビュー 味に飽きる⁉

続きを見る

種類は4つ

今回の新メニューは通常のトマトカレー以外に

  • チキントマトカレー
  • チーズトマトカレー
  • チキンチーズトマトカレー

の計4種類用意されている。

商品名値段(税込)
トマトカレー390円
トマトカレー単品270円
ごろっとチキンのトマトカレー580円
ごろっとチキンのトマトカレー単品460円
たっぷりチーズのトマトカレー580円
チキチートマトカレー750円

この表からも分かるように、単品があるのは「トマトカレー」と「ごろっとチキンのトマトカレー」のみ。

値段も一番安いのがトマトカレーの390円(単品は270円)とリーズナブルなのが嬉しい所。

ちなみに今回僕がレビューするのはチキンとチーズ、トマトカレーが全部そろっている「チキチートマトカレー」です。

なお、テイクアウトするとお味噌汁は付きません。別途60円が必要になるので要注意!。

チキチートマトカレーの紹介

というわけでテイクアウトしてきたチキチートマトカレーをここで紹介。

トマトカレー

トマトカレーの名の通り、フタを開けたらトマトの香りをほのかに感じることができる。

少し分かりにくいけどチキンも入っている。

この段階でチーズは確認できないけど既に入っているのかな?。

ごはんの上にチーズと福神漬け

と思ったらごはんの上に乗ってました。

てっきりカレーにチーズがかかっているのかと思ったらごはんの方にかかっている。

個人的にはごはんよりカレーにチーズがかかっているのが好みだけどみんなはどっちがタイプ?。

それとカレーのお供、福神漬けも入っている。

トマトの酸味が強いカレー

カレーはとにかくトマトの酸味が強いのが印象的だった。

にんにくの香りもするけどそれ以上にトマトのインパクトが強い。

辛さはほとんどなくカレーというよりトマトソースに近い味。

一応カレーのスパイスも感じるけどかなり薄目。

辛くないのは良い所かもしれないけどカレー感はほとんどない。

一口サイズのチキンがゴロゴロある

トマトのインパクトが強いこのカレーだけど、それに負けないぐらいチキンの量も多かった。

正確には数えていないけど8個ぐらいは入っていたと思うけど、どれも柔らかくジューシーだった。

チーズは量は多いけど固め

チーズは量が意外と多く食べ応えがあったけど溶けてはいない固めのチーズだった。

本当は程よく溶けているチーズが好みなんだけどこれは好みが分かれそう。

テイクアウトの場合はこれだったけどお店で食べる時はまた違うのかもしれないね。

カレーにかけてもチーズは固いまま

ごはんの上にカレーを全部乗せて改めて実食。

トマトの酸味は相変わらず強くチーズも多少溶けたぐらいで固いままだった。

カレーが辛かったらチーズのおかげでマイルドになるかもしれないけど元々辛くないこのトマトカレーにはその効果は無いしイマイチ印象に残らないかもね。

松屋のトマトカレーはメニューによってはカロリーが高い

メニューにもよるけど今回の新メニューはシンプルなトマトカレーはカロリーが控えめでトッピングが増えるほど高カロリーになる傾向になっている。

トマトカレーごろっとチキンのトマトカレーたっぷりチーズのトマトカレーチキチートマトカレー
カロリー684kcal805kcal901kcal1,021kcal
たんぱく質12.3g28.4g26.2g42.3g
脂質20.2g26.2g37.3g43.3g
炭水化物108.7g109.g110.4g110.7g
食塩相当量5.8g6.1g6.7g7.1g
いずれも並盛で表記しています。

通常のビーフカレーで822kcalに対してトマトカレーは684kcalと結構ヘルシー。

逆に今回レビューしたチキチートマトカレーは1,021kcalと高カロリーなので要注意。

辛くないカレーはカレーなのか?

今回の新メニューはカレーというよりトマトソースをごはんと一緒に食べている感覚がどうしても払拭できなかったんだ。

僕は辛いのが苦手だけど、辛くなさすぎるカレーはカレーじゃないと勝手な持論を持ってるからこれはカレーじゃないんだよね(辛いのが苦手なクセに)。

もちろん辛いのが苦手な人にはおすすめできるけどトマトの酸味も強いからこれが苦手な人にはおすすめできない。

果たしてこれをカレーと呼んでいいのか好みが分かれそうだけど、まだ食べたことが無い人はぜひ一度食べてみて自分の舌で判断してみてほしい。

ちなみに松屋はカレーにかなり力を入れているからこっちも食べてみるのもおすすめ。

オリジナルカレーは個人的にはかなり辛いけど味はおいしいから好きなんだ。

スパイスが効いているが、個人的には辛い【松屋のオリジナルカレー】レビュー

続きを見る

また同じ松屋系列の「マイカリー食堂」のカレーもおいしいからかなりおすすめよ。

プレーンと欧風カレーを食べたことがあるけど個人的には欧風カレーが好きかな?。

欧風カレーの方が若干スパイスが効いていて食べやすかったし。

この2つはどちらもそこまで辛くないから辛いのが苦手な人や苦手だけどカレーのスパイスが欲しい人におすすめ。

通販の松屋【マイカリー食堂プレーンカレー】レビュー

続きを見る

松屋のカレー専門店【マイカリー食堂の欧風カレー】レビュー

続きを見る

男性必見!

シリーズ累計400万個突破の精力系サプリ!/

注文ゲーミングパソコン!

今がチャンス!

今読まれている記事!

おすすめ記事はコレだ

PS4 Switch ゲーム ロックマンシリーズ

待望の移植【ロックマンエグゼ アドバンスドコレクション】期待と不安が入り混じる

2022年6月28日(火)にNintendo Direct mini でロックマンエグゼのシリーズがコレクション化された「ロックマンエグゼ アドバンスドコレクション」が2023年に発売されることが発表された。 ロックマンエグゼは僕がゲームボーイアドバンスと同じタイミングで購入した思い出深い作品だけど、2023年についに遊べることができることは素直に嬉しかったね。 まだ出回っている情報が少ないから何とも言えないけど、この作品に期待している所と不安な所を記事にしてたので暇つぶし程度に読んでみてほしい。 エグゼ ...

続きを見る

松屋

ピリ辛だけど肉感強めのレトルト【松屋 ビーフカレー】レビュー 

最近、たまたま訪れたスーパーで置いてあった商品。 それが松屋のビーフカレーのレトルト。 しかもこれは新宿中村屋のアレンジが加えられたカレーなのだ。 結論としては「ちょっとピリ辛だったけど、オリジナルカレーよりか辛くないし、こっちの方が好き」となったのでこれからビーフカレーの購入を考えている人の参考にしてほしい。 松屋の創業ビーフカレーとは? 元々松屋ではオリジナルカレーというかなり辛いカレーがあったんだけど2019年ごろに発売が終了し、それに代わる形で発売されたのがこのビーフカレー。 と言ってもオリジナル ...

続きを見る

ブログ

ブログを始めて一年が経過 ブログを始めて良かったところデメリットを紹介

僕がブログを始めたのは去年の今頃と考えると今日でちょうど一年目が経過。 記事数にすると160記事を達成したけど気になるのは収益だけど、全くのド素人が一年間もがきながら執筆活動をしてきた経緯と現実と心境などをまとめてみた。 果たしてこの記事がどれだけの人の参考になるかは自分でも分からないけどブログを始めるにあたっての現実はこんなもんなんだっと参考程度に読んでみてほしい。 一年間で書いた記事は160記事 去年の1月30日から今日にいたるまで書いた記事数は実に160記事。 正確には167記事を投稿したんだけど、 ...

続きを見る

PS4 Switch ゲーム 買ってよかった

【2022年版】買ってよかったもの ゲーム編【プレステ4、ニンテンドースイッチのソフト・周辺機器】

今年も残すところ数日で終わりを迎えそうだから去年も記事にした今年買ってよかったゲームの紹介記事をまとめてみた。 去年と違って今年はランキング方式で紹介するのは無し。どれも優劣付け難く順位なんて意味がないと思ったから。 いずれのタイトルや周辺機器は個人的に買ってよかったと思っているので、あくまで参考にしてみてほしい。 ガングレイヴゴア 11月22日に発売されたガングレイブ待望の新作!。 僕はプレステ2のガングレイODとアニメが好きだったし東京ゲームショウでも試遊したからこのタイトルが最新ハードでプレイできる ...

続きを見る

ゲーム メガテン3 真・女神転生

【真女神転生3】コトワリ考察【ムスビ編】

今回は前回、前々回に続いて真女神転生3に登場するキャラクター、新田勇のコトワリについて考察していく。 新田勇は主人公の同級生でありムードメーカーでもあったけど、なぜ彼が「ムスビ」を創造するようになったのか?。 st_af id="13093"] 【ムスビ】他人を拒絶した個人主義思想 現代的な思想にも見えるコトワリ。 ヨスガやシジマのように、一定の組織化された集団ではなく、その真逆。 むしろ世の中をどうしたいのかといった思想はなく、ただ他者との接触を極力避けた引きこもり型の思想ともいえる。 自分が必要な時は ...

続きを見る

-松屋