HYDE ライブ ラルク レポート

【HYDE LIVE 2023幕張メッセ】:感動の人生初ライブ体験レポート

2023年9月10日

本ページはプロモーションが含まれています。

2023年9/9(土)に幕張メッセで開催された、「HYDE LIVE 2023 Presented by Rakuten NFT」

HYDEさんのファンになって20年近くになって、ついに人生初のライブに参加したんだ。

いや~、初めてのライブ体験がこんなにも心を打つものだとは!。

その特別な一夜の感動を、僕の目線で巡っていこうと思う。

またライブ自体が初めての体験だったので、初心者目線でも辿って行くので、ライブに参加したことが無い人も参考にしてみてほしい。

初めてのライブへの期待と不安

そもそも何で今頃になってライブに参加するようになったのか?。

一番の理由が、後悔したくなかったからなんだ。

昨今のコロナの件もあるけど、僕も30代半ばに差し掛かった年齢だし、色々考えるようになったんだよね。

「このままライブ映像だけで観て満足してる人生で良いのか」って感じで。

ちょっと大げさに聞こえるけど、マジで最近そう思うようになったんだよね。僕も年を取ったのかな・・・。

HYDEさんの存在は僕が小学生のころからラルクで知ってはいたけど、CDやライブDVDを買うようになったのは20代から。

ソロだと、HYDE名義からVAMPS時代のCDやDVDも買ってはいても、ライブには一度も行ったことが無い。

当然ラルクのライブも行ったことが無いし、ましてやHYDEさんのソロライブはちょっと敷居が高そうだったのが不安で、なかなか足を踏み込めなかったんだ。

ライブ初心者がZeppに行く勇気が無かったのよ・・・。

HYDEさんのライブと言ったらスタンディングがメインだし。

そんな中、アナウンスされたのがHYDE LIVE 2023のツアーファイナルとして追加公演された、今回のライブ「HYDE LIVE 2023 Presented by Rakuten NFT」

ここはスタンディングはもちろん、スタンドに席がある指定席チケットがあるから「この席なら初心者の自分でもイケるんじゃない?」っと思って応募したんだ。

スタンド席は敷居が狭いかもしれないけど、実際にちゃんとみんなのノリについていけるのか?、「ノリ悪いなー」とか思われないか不安も抱えながら当日を迎えた。


HYDE LIVE 2023:幕張メッセ到着と会場の雰囲気

僕が現地に着いたのが9時ぐらい。

9月9日は、ちょうど台風が近づいてきた時期も重なっていたし、当日ライブが開催されるか不安だった。

この日の天気は曇りだったけど、太陽が時々覗かせてくれたからよかった~。

無事開催できて一安心。

この時は既に多くのファンが行列が30人以上できていたんだ。

この行列は、HYDE CARDを持ったファンが優先的にグッズを購入できる列。

僕はカード持ってないし、どうやって時間を潰そうかな~って思っていたらツアートラックを発見!。

お~これがHYDEさんのライブでお馴染みのツアートラックか~。

かっこいい!。

正面は、HYDEさんを囲む形でサポートメンバーと一緒に並んでいて

裏は、ジャケットを素肌に羽織ったセクシーなHYDEさん。

ちゃんとナンバープレートも「666」なんだね。

グッズ購入に興奮:初めてのオフィシャルグッズとその魅力

グッズの行列以外は閑散としていたから、どうしようかな~ぶらぶら歩いていたら、バンドメンバーのグッズ最後尾と書かれたプラカードを発見。

僕はPABLOさんのグッズが欲しかったから、すぐにこの列に並んだぞ。

この時は10人ぐらいしか並んでいなかったし、「完売する前に購入できそうだ」と思っていたから待つのも苦じゃなかったね。

10時頃に物販のテントまで誘導されしばらく待機した後に販売開始。

お目当てのグッズを購入できた。

次はHYDE LIVE 2023 Presented by Rakuten NFTグッズ。

時間にしてだいたい11時30分ごろ。

一般向けの行列が作られて30分後に販売開始。

事前にアプリに欲しいグッズを入れていたから注文とお会計がスムーズに終わった。

現地で購入できたグッズ

ここからは現地で購入できたグッズの紹介をしていこうと思う。

まずはメンバーグッズ。

PABLOさんのCD(1,000円)

PABLOさん曰く、20年に自主制作で数が限られたCDらしい。

家に帰宅した後に聴いたけど全部いい曲だったよ。

個人的には「LAST SONG」の落ち着いた曲も良いけど、激しいギターの「アルカディア」も好き。

もちろん「NEW WORLD」もクールだった。

ちなみ収録曲は以下3つ。

  1. NEW WORLD
  2. LAST SONG
  3. アルカディア

次に、これはTシャツ(3,500円)

これも数に限りのあるTシャツみたい。

サイズはLだけど、実際に着るとMサイズ並みのサイズ感だったから、問題なく着れたよ。

裏はこんな感じ。

次はHYDEさんのグッズ。

まずはマフラータオル(2,000円)

実はタオルは当初、購入予定は無かったんだけど、新曲「6or9」のPV観たら買わないといけない衝動に駆られて現地で購入したんだ。

右側に「HY」

左側には「DE」、これを繋げると「HYDE」になるようになっている。

裏はこんな感じ。

これはお目当だったレッサーパンダHYDEキーホルダー(2,500円)

公式からまさかこのレッサーパンダHYDEが発売されるとは思わなかった。

発売前から皆、購入するだろうな~っと予想はしていたから僕も購入できるか不安だったけど、無事ゲットできました。

レッサーパンダの着ぐるみを着たHYDEさんがかわいく、特に目が良いね。

後ろ姿はこんな感じで、しっぽがかわいい。

これは商品購入した人にプレゼントされている不織布マスク×2枚

たぶんつけることは無いけど記念にね。

どこかのタイミングで一度つけてみようかな?。

で、ここからは事前に購入しておいたグッズの紹介。

まずはこのリュックサック(9,800円)

あまりアーティストっぽい派手な主張が無く、シンプルで使いやすい。

荷物も結構入るし、両サイドのポケットにはペットボトルも入るぐらい大きいから、普段使いとして、よく使っているんだよね。

ちなみにさっき紹介したレッサーパンダHYDEキーホルダーをここに付けています。

これはベースボールシャツ(8,100円)

よくサポートメンバーが着ているのを何回か観てかっこいいな~っと思って、僕も購入しちゃいました。

メッシュ素材ということもあって、サラサラしているから暑苦しい感じは無いし、暑い夏にはちょうどよかった。

背中には蛇十字のロゴ

右袖には「81°」「DESTROY」

左袖に「REBUILD」がプリントされている(かっけ~)。

これは去年購入したガジェットケース(3,000円)

この時期は、ちょうどガジェットケースが欲しかったから買ったんだ。

これが結構使い勝手が良くて、モバイルバッテリーや小物類を入れられるよう小分けできるようになっている。

これも普段からよく使っているんだ。

と、ここまで紹介してきたグッズを全て身に付けてライブに挑んだんだ。

欲しいものは全て手に入れたし、あとはライブの開演を待つのみ。

『HYDE』公式サイトはコチラをクリック

入場までがヒマだった

なんだけど、この時間が結構しんどかった。

グッズの行列は、それほど苦痛じゃなかったけど、この待ち時間はヒマすぎた。

お昼食べようか悩んだけど、後でトイレピンチに襲われたくなかったから軽食で済ませてしまったんだ。

約3時間近くは、音楽聴いたり、ブログ用に思ったことを文章にまてめ時間を潰した。


会場の雰囲気と初めての入場体験

何やかんやで15時30分になって、入口近くで待機してふと周りを見渡したら、黒のバンドTシャツや、ベースボールシャツなど着たファンの多さに驚いた。

白Tシャツもいるけど、公式のバンドTシャツを着ている人が圧倒的に多かった印象がある。文字通り黒い集団って感じ。

僕もベースボールシャツ来ていたけど、何て言うか勝手に一体感を感じていました(笑)。

あと女性のファンが多いのは当然かもしれないけど、男性も意外と多かった印象だったね。

割と一人で来ている人もいたし、ちょっと安心した。

席は結構よかった

入場は、最終的に予定より15分~30分ぐらい押して会場に入れたんだ(正確な時間は不明です)。

僕の席はG席3階でステージも見渡せるし、よく観える席だったんだ。

ただし席は意外と狭かった。足は伸ばせるけど幅が狭かった。

それと、このエリアだけなのか分からないけど、涼しかったね。暑いイメージがあったからちょっと安心した。

開演までの1時間30分近くは会場内でかっこいい音楽が流れていたから、そこまで待ち時間は苦痛じゃ無かったよ。

HYDE LIVE 2023の感動:初めてのステージで感じたHYDEさんの魅力とハイライト

いよいよライブ開始!。

ここからは撮影NGなので文字多めです。

気づいた時にはスタンディングエリアには大勢のファンがいた。

初めてライブに参加したセトリが以下。

セットリスト

  1. DEFEAT
  2. AFTER LIGHT
  3. PANDORA
  4. TAKING THEM DOWN
  5. SICK
  6. WHO'S GONNA SAVE US
  7. THE ABYSS
  8. ON MY OWN
  9. MAD QUALIA
  10. DEVIL SIDE
  11. INTERPLAY
  12. GLAMOROUS SKY
  13. 6or9
  14. MIDNIGHT CELEBRATION II
  15. LET IT OUT
  16. AHEAD
  17. BLOODSUCERS
  18. I GOT 666
  19. HIDEAWAY
  20. SEX BLOOD ROCK N' ROLL

全部知ってる~。いや正確には歌える~。

もう終始口パクで僕も歌っていたよ。

大人しく聴いていると思ったけど、ジャンプしたりタオル回したり、積極的にライブに参加していたんだ。

始まった当初は、初めてのライブだったからちょっと恥ずかしかったけど、「6 or 9」で完全に吹っ切てタオル回しまくった(笑)。

個人的にこれがハイライトで会場の皆との一体感を感じた。

あとやっぱりHYDEさん。

HYDEさんの歌唱力のすごさに驚いた!。

最初の一曲目「DEFEAT」から「いやリリースされている曲より生歌の方が全然すごいじゃん」ってそれ以降、ずっと圧倒されっぱなしだった。

HYDEさん終始ずっと動きっぱなしで、スタミナよく切れないな~って思ったよ。スゲ~な~。

もちろん、サポートメンバーのみんなの演奏も素晴らしかったね。

モニターもあったけど、正直そこまで観ていない。

僕の席でしか観れないパフォーマンスが拝めるのはこのタイミングだけ。DVDとかでは観ることができない貴重な体験だと感じたしね。

セトリは最近の曲がメイン。

意外だったのがVAMPSから「BLOODSUCERS」「SEX BLOOD ROCK N' ROLL」が演奏されたこと。

「DEVIL SIDE」「AHEAD」はソロになってもよく披露されているけど、この曲が今聴けるとは思わなかった。

同じ理由でソロで活動した際の「HIDEAWAY」もそう。

大変満足できたライブでした。ありがとうHYDEさん。

次回への期待:初めてのライブを経て

まずはライブを経験した後、次回のライブへの期待と感想を述べたいと思う。

初ライブを体験して感じたのが「次のライブも参加してみたい」と心に誓ったんだ。

もう「感動」の一言よ。

僕は、なぜ今までライブに参加しなかったんだっと後悔しているぐらいまた行ってみたい衝動に駆られているよ。

次に参加するとなるとZeppになると思うけど、スタンディングエリアはまだ敷居が高いかな?。

今回のライブでスタンディングエリアの熱量がすごかったし、遠目ながら「あそこに参加する自信無いな・・・」って思っちゃったし。

参加するなら2Fかな?。Zeepの感覚を掴めればいいけど。

とにかく、次いつHYDEさんのライブに行けるか分からないけど、また行ってみたい!。

『HYDE』公式サイトはコチラをクリック

男性必見!

シリーズ累計400万個突破の精力系サプリ!/

注文ゲーミングパソコン!

今がチャンス!

マイプロテインより、お得なセット商品が新登場/
セット内容:
・プロテイン1kg x1個
・クレアチン 100g x1個
・シェイカー×1個

また、通常3,590円送料無料のImpactホエイプロテインお試しセット
が2024年6月まで2,990円送料無料でご購入頂ける限定割引コードあり!

割引コード:SHINKI

詳細はサイトでチェック👇!

今読まれている記事!

おすすめ記事はコレだ

ゲーム

ロックマンの新しい可能性を見せてくれた【ロックマンx】の魅力を紹介

久しぶりにゲームの記事を書こうと思い、考えた時に目が留まったのがこの「ロックマンX」。 実は「X」自体をプレイしたのは最近。去年の12月ぐらいに手に入れたのだ。「X4」はなぜかプレイしたけど・・・。当時はプレステが流行っていたいので、それ以前のシリーズを遊ぶ機会がなかった。そういう意味ではいい時代になったと思う。 結論としては面白かったけど、ちょっと気になった所があったので、そのあたりも紹介と思う。 ロックマン「x」とは? 1993年にスーパーファミコンから発売された作品。実は「ロックマン」から約100年 ...

続きを見る

ラルク

ラルク、ライブ用アレンジベスト3【Killing Me編】

最近、「Killing Me」にハマっている自分がいる。CD版も好きだが、特に、ライブ版はテンポアップで、シンプルなロックがいいのだ。 というわけで今回は、前回の「Caress of Venus」に続いて「Killing Me」を、紹介したいと思う。 Killing Meとは? 2005年に、発売された25作目のシングルで、アルバム「AWAKE」収録曲。作詞、作曲hyde。 曲自体はストレートなロックだが、歌詞の解釈が難しい。自分の中では、「恋人が死んでも愛し続ける」と「永遠の愛」をテーマにしたのかなっと ...

続きを見る

松屋

ガッツリ派には最高!【松屋にんにくバターのチキンコンボ牛めし】レビュー

11月2日(火)から発売された松屋のチキンコンボ牛めし。 2種類ある内のにんにくバターを選んでみたけど結論としては「今年一番かもしれない」ので、これからチキンコンボ牛めしを食べようとしている方の参考にしてほしい。 チキンコンボ牛めしとは? 読んで字の如くチキンと牛肉が乗っている何とも贅沢な商品。 これだけでもだいぶガッツリしてそうだけど、これにプラスして2種類のタレが存在している。 にんにくバター 甘唐辛子の半熟玉子 どっちもおいしそうで悩んだけど、今回はにんにくバターを選んでみた。 バリエーションは少な ...

続きを見る

ブログ 月次報告

【ブログ運用報告】初心者の1ヶ月目の収益やPV報告

ブログを初めて早1ヶ月目。はじめは、1ヶ月目も持つか不安だったが、なんだかんだで、クリアできた。 結論としては、ほぼ誰も見ていない。当然、収益も0。というわけで今回は、なぜ誰も見ていないのか?PVなどの報告や、自分なりの考察などを報告しよいと思う。 そもそもなぜ少ない ブログを開設して1ヶ月目の収益は、ほぼ無いことは当たり前の状況(例外的に発生している方もいるが)だが、これは当然だと思っている。なぜなら、信用されていないから。 時間がかかる 作成されたばかりのブログは、評価されるのに時間がかかる。「こいつ ...

続きを見る

松屋

ソースの主張が強い!【松屋 焼きかつ定食】レビュー 厚みはないけど食べ応えあり

2022年6月7日(火)から松屋から発売された新メニューの「焼きかつ定食」。 「かつ」と聞くと松屋フーズが展開する「松のや」のイメージが強いけど、ついに松屋でもかつが食べれる日が来るとは。 ※松のやとはロースかつ定食やから揚げ定食など揚げ物を中心としたチェーン店のこと(行ったことないけど)。 そんな松屋から生まれたこの焼きかつ定食の感想だけど「食べ応えはあったけどソースの主張が強すぎるかな?」と思った。 なぜそう感じたかを記事にしたので、この新メニューを食べたことがない人の参考にしてほしい。 松屋の焼きか ...

続きを見る

-HYDE, ライブ, ラルク, レポート