広告 Switch ゲーム

コツさえつかめば難しくない!【カスタムロボV2 激闘編】攻略法

2022年7月31日

最近ようやくカスタムロボV2の激闘編がクリアできたのでその攻略法を紹介。

と言っても64時代を遊んだことがあるユーザーからしたらある程度、攻略も分かっているだろうしネットを検索すれば攻略方なんていくらでも乗っているので参考程度に読んでみてほしい。

激闘編はコツさえつかめば難しくない

先に結論から書くとカスタムロボV2の激闘編は一見難しそうでけど、コツやルールをちゃんと把握していると意外と難しくないんだ。

確かに敵が強かったり高い壁にぶつかるケースもあるけど、そこはニンテンドースイッチのシステムを利用すれば少なくとも負けることはないんだ。

カスタムロボV2激闘編のルールおさらい

この記事を読んでいる多くの読者は既に激闘編のルールは把握してると思うけど、おさらいの意味も込めて書いておこうと思う。

  1. 1ステージに5から10回連続のバトルを行う
  2. 各バトル終了後に戦績がスコア表示され評価される
  3. 各ステージで特殊ルールが適用されている

 1ステージでの連続バトル

バトルするステージにもよるけど1回のバトルで少なくても5回、多い所では10回の連続バトルすることになる。

激闘編が始まった初期はMAX6回ぐらいだけど後半に進むごとに連続バトルの数を多くなることになる。

バトルの戦績によってトロフィーが取得できる

1回のバトルごとに戦績がスコア表示されるけどこの戦績次第でステージをクリアできるか左右される。

項目説明
エネルギー主人公機の残りHP数が多いほどポイントが高い
タイム制限時間120秒で敵を倒すまでにかかった時間
負け回数負けた回数が多いほどマイナス
ハンディ何度も負けると敵のHPが減った状態でバトルできる
違法パーツ1パーツでも使用するとマイナス
このバトルでのスコアバトルしたスコア
トータル・スコア1ステージのバトルスコアの合計

基本的に自分のHPが多く残ってかつ素早く敵を倒せれば高評価される認識でOK。

最終的に全ステージのスコアが合計されたトータル・スコアで金、銀、銅のトロフィーが獲得できる。

「このトロフィー何の意味があるの?」って思うけど全てのトロフィーを集めると次のステージ(タワー)が出現して違法ロボが獲得できるメリットがデカい。

解放されるタワー解放条件獲得できるロボ
ゴールドタワー全てのステージで金トロフィーを獲得するレイⅡダーク
シルバータワー全てのステージで銀トロフィーを確認するメイジェル
ブロンズタワー全てのステージで銅トロフィーを確認するベイオネット

ノルマが中々厳しいけど達成した先には旅立ち編で主人公と熱いバトルができたベイオネット、メイジェル、激闘編に登場した偽主人公が使っていたレイⅡダークを獲得できる!。

やっかいな特殊ルール

多くの人が苦戦させられる原因がこの特殊ルール。

120秒の制限時間、HPの多いコマンダーの勝利(引き分けだと主人公の負けになる)以外に使えるロボ、パーツに制限がかかるルールのこと。

ノンリミットバトル

ロボ、パーツに制限がなく自由にカスタマイズできるルール。

制限がかかっていないので自分が得意なロボやパーツでバトルができるのでスコアの高評価も期待できるルール。

パーツとりあげバトル

1度使ったパーツは次のバトルでは使えなくなるルール。

幸いレッグの使用制限は無いけどロボ、ガン、ボム、ポッドは1回のみ。

お気に入りのカスタマイズだと次のバトルでは使えなくなるから敵のカスタマイズによって自分のパーツも変える戦略が必須になるルール。

パーツレンタル・バトル

一番厄介なのがこのパーツレンタル・バトル。

レッグ以外ロボ、ガン、ボム、ポッドがあらかじめ指定されたパーツしか使えないルール。

しかもパーツとりあげバトル同様指定されたパーツに使用制限がかかっている苦戦必須のバトルは避けられない。

普段使ったことがないロボやガンなど今まで使ったことがないパーツをこのルールで初めて使うってケースもざらにある。

なぜか「おすすめカスタマイズ」で既にカスタマイズされている状態でバトルに挑むこともできるけど好みに合わせてカスタマイズしてみよう。

カスタムロボV2激闘編のコツ

どうせなら各ステージのトロフィー3つ獲得するため意識してほしいことを紹介。

後になって「金のトロフィー取れなかったからもう一度チャレンジしよう」と思ったら面倒だし時間もかかるからこの記事を読んだ後に実践するのがおすすめ。

1戦あたり20,000点以上を意識する

1戦あたり20,000点以上のスコアを意識した戦い方をすれば全てのトロフィーを獲得できると思って良い。

ステージごとのノルマのスコアは前後するけどだいたい4人目ぐらいのバトル後の評価が10,000ぐらいになっていたらほぼイケる。

自分のHP、素早く敵を倒せればポイントが高くなるので倒せそうな敵がいれば積極的にバトルしてほしい。

ちなみの自分の場合だとジロウさんが狙い目。

ジロウさんが使うメタルベアーは接近すると高確率でアタックを使ってくるからこれを利用して自分はショットガンを装備して

  1. ストライクバニッシャーにショットガンを装備させる
  2. メタルベアーに接近する
  3. ガンを打ってきたら当たる前にショットガンをお見舞いする
  4. アタックしてきたらジャンプで避けショットガンをお見舞いする
  5. ダウンしたら少し距離を空ける
  6. メタルベアーが立ち上がるタイミングで空中ダッシュで接近する
  7. ②に戻って③~⑥を繰り返す

これだけでもノーダメージで高スコアを出せる。

ジロウさん以外でもいいので例えばホーネットガンもジロウさん戦法で高スコア出しやすい。

ガンを打った後の硬直時間が長い敵にこの戦法がよく効くから自分の得意、倒しやすい敵のカスタマイズ(特にガン)とバトルする場合は積極的にノーダメージ、HP900を維持し手早く敵を倒すことをおすすめ。




 時間は気にせずHPを意識する

敵を素早く倒せば高得点を獲得できるけどこれを無理して時間を意識する必要もないんだ。

残り時間より残りHPがいくつ残っているかの方が重要。

時間ギリギリでもHPさえ温存できれば20,000点以上はゲットできる

無理して敵を倒しても自分の残りHPが少ないとあまり評価してくれない傾向があるので目指すはノーダメージ、無理なら残りHP800ぐらいは許容範囲と考え勝利することを目指そう!。

どこでもセーブを利用すれば負けない

とは言え、自分が苦手なカスタマイズをした相手にダメージを受けすぎるとポイントも減点されるしトロフィーのコンプリートも難しくなる。

そんな時はニンテンドースイッチのコントローラーにあるマイナスボタンを押すことで発動できる特有のシステム「どこでもセーブ」を使えば解決できる。

普通に遊んでいると一定のバトル回数をこなさないとセーブができないけど、このシステムは自分が好きなタイミングでセーブ、ロードなどができる。

これを利用すれば

  1. バトル開始前に一旦、セーブする
  2. ダメージを受けすぎたり負けそうになったらロードする

これを繰り返せば時間はかかるけど少なくても負けない。




タワーが解放されたら違法パーツを使う

金、銀、銅のトロフィーを全ステージで獲得できたら出現するゴールド、シルバー、ブロンズのタワーが出現。

いずれもパーツとりあげ10戦連続の厳しいバトルは避けられない。

そんな時は思い切って違法パーツを使うのも戦略の一つ。

と言うのもここのタワーではバトルのスコアは評価が低くても違法ロボが手に入れることができるんだ。

通常、違法パーツを組み合わされば厳しいバトルもかなり緩和されるのでここまで来たら頑張ってクリアしてほしい!




ゲーマーの強い味方⁉
ゲーマー向けのゲーミングゼリー【inゼリー GAME BOOSTER】レビュー 甘ったるい!

続きを見る

一人暮らしに最適化された宅配弁当【nosh(ナッシュ)】レビュー 時短できる

続きを見る

ガジェット デスク環境 パソコン

ノートパソコンユーザーの強い味方【Majextand】8ヶ月使い続けた感想 欲を言えばもっと高くしたい

Majextandを導入して約8ヶ月ほどたったのでそろそろ使い続けた使用感をまとめてみた。 値段が7,000円弱とこの手のノートパソコンスタンドの中では高値なのがネックだったけど性能は間違いなく折り紙付き。 ただそれ以外にもう一つ僕なりの課題を見つけたので、このMajextandに興味があるけど購入しようかどうか悩んでいる人はこの記事を参考にしてみてほしい。 Majextandの薄さは正義 Majextandの最大の特徴でもあるコイン並みの薄さはまさしく正義、これがある種ノートパソコンスタンドの理想的な一 ...

続きを見る

ゲーム

僕的ロックマンシリーズ最高傑作、それが「ロックマンdash」

97年12月18日に発売されたこの作品。 ロックマンシリーズは何個か遊んだが、この作品を超えるものはないと今も思っている。 今回はその理由と魅力をレビューし、一人でも多くの人に共感していただければと思う。 ロックマンdash鋼の冒険心とは ロックマンシリーズ初の3Dアクションゲーム。ジャンルとしてはフリーランニングRPGといい、いろいろな所に好きなタイミングでいけるのが特徴になっている。 従来の横スクロールとは明らかに違うアクション性を求められる。今までのロックマンの世界には、自然があまりなかったが、この ...

続きを見る

ゲーム

僕が持っている【ニンテンドー3DS】ソフト紹介

ご存じの方も多いかと思うが「ニンテンドー3DS」が去年、生産が終了し、今年の3月いっぱいで修理の受付を終了すると発表した。1つの時代が終わった瞬間でもあるが、今回はこの「3DSで購入したソフト」を紹介しようと思う。といっても、そこまで多くはないけど・・・。 スイッチの存在 そもそもニンテンドー3DSが生産や修理が終わる理由は、いろいろあるかもしれないけど、原因の一つに、ニンテンドースイッチの存在がデカかったのかもしれない(っと勝手に思っている)。 モニターに繋いで大画面でプレイできるし 携帯用ゲーム機とし ...

続きを見る

ゲーム

僕がこの作品に出合ってしまった「デビルメイクライ」の魅力

僕が「一番好きなゲームは何?」と聞かれたらまず上げるのが、この「デビルメイクライ」。 初めてその存在を知ったのがCMを見た時、一目ぼれしたのを未だに覚えている。「何だ、このかっこいいゲームは」っと第一印象がこれだった。 当時はPS2を持っていなかったので、なけなしのお小遣いでソフトとセットで買ってしまった。その出会い以来、「5」まで遊んでしまったが、今回は、その初代「デビルメイクライ」の魅了を書きたいと思う。 これをきっかけに、一人でも多くのデビルファンが増えてほしいと思う。 デビルメイクライとは? そも ...

続きを見る

ゲーム デスク環境 生活系

【2021年】デスク環境、ゲーム環境の紹介【今後欲しいものも紹介】

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ノブン

ブログを始めて1年経過。 最高月6千PV、収益4桁。 趣味:ゲーム、ラルク、ブログ。 子供の頃に「ロックマン8」を買ってもらったのをきっかけにゲームに目覚める。 最近ハマっているゲームは「ロストジャッジメント」、「真女神転生5」。 好きなアーティストは「ラルクアンシエル」。 好きな漫画は「ベルセルク」。

-Switch, ゲーム