広告 Amazon PS4 Switch ゲーム 楽天

【2020年】買って良かった物【ゲーム編】

2021年4月7日

前回の「生活が変わったもの編」から今回は「ゲーム編」を紹介。
ソフト以外のもゲーム機や周辺機器等も対象になっているのであしからず。
一応、範囲としては2020年から2021年の3月までの期間を対象として紹介しようと思う。

前回の記事は以下より。

7位 龍が如く0

2015年に発売されたソフトを今頃と言われそうだけど、実はPS3ではすでに体験済みなのだ。
ただ、去年辺りから急に遊びたくなり、PS4版のダウンロード版で遊んでみたのだ。

結果としては、やっぱり面白いね。
「1」並みに悪い人しか集まらない感じが。
アクションも良かったな~、主人公の桐生のスタイルが変えられるのは持ちろん、バトルBGMも変わる所が良かった。

「0」は「1」より前の世界観だから桐生の戦い方も「1」に比べて荒っぽい所も特徴。
「チンピラ」がスタンダード、「ラッシュ」がボクシングを彷彿させるスピードタイプ、動きは遅いけど、近くに落ちている武器などを自動的に拾ってコンボを決める「壊し屋」がある。

どれも好きだけど、ある条件をクリアすることで解放される「堂島の龍」が気に入っている。
戦い方は「1」をベースにしているけど、所々オリジナルの技があり、BGMも「1」の真島戦で使われている主題歌が使われているのもファンとしてはうれしい。
攻守あらゆる状況でも対応できる万能スタイルといい。

しかも今作では真島五郎が主人公として使えるのも最大の魅力。
彼も色々な過去があったことが描かれているので真島ファンは必見。

戦闘も彼専用のスタイルやBGMが用意されている。
スウェイが2回できる「喧嘩師」がスタンダード、バットを持って真島らしい姿「スラッガー」のパワー、動きにクセがあって攻撃力は低いが、ブレイクダンスを彷彿させる動きで連続攻撃を叩きこむ「ダンサー」のトリッキーさがある。
これもある条件をクリアすると「嶋野の狂犬」が使えるようになる。
シリーズファンはお馴染みのドスを持ったスタイルで動きは「1」を中心にした攻撃をする。
ちょっと使いづらいけど、カウンターが強力なので1対1の場面でよく使っていた。

また今作は、何をするにも大金が必要になる。
食事はもちろん、技を覚えるにもお金が必要になるので、1988年のバブル真っ只中の時代と相性もいい。

個人的にシリーズで一番好き。

これを遊んだ後に「1」をやってみるとちょっと複雑な気持ちになる。特に錦山が・・・。

 

6位 ロックマンX アニバーサリー コレクション

これも「龍が如く0」と同じ時期にダウンロード版を購入した。

「X4」は小学生の頃に遊んだことがあったけどそれ以外はやった事がなかったので買ってみた。

それぞれいい所があって面白かったけど、やっぱり「4」が好きかな~。
エックスも好きだけどゼロが使えるのが最大の魅力。
「X3」でも使えないわけではなかったけどこの時はどちらかというとサポート的な立場で使いづらかった。限られた状況でしか使えなかったけど今作ではプレイアブルキャラクターになったのだ。

このエックスとゼロの大まかな違いが以下。

エックス

  • 遠距離攻撃ができるエックスバスター
  • パワーアップパーツで強化できる

ゼロ

  • 近距離で攻撃できるゼットセイバー
  • 攻撃用の特殊武器は少ないけど、フットワークを生かした能力を得られる(2段ジャンプやエアダッシュ)

いずれも攻撃手段や会得する特殊武器が違うので差別化ができている。
エックスは初心者向き、ゼロはその特性から上級者向きかもしれないけど、慣れればゼロはむしろ戦いやすいかもしれない。

ただ今作は、ゼロのムービーやボスとの専用に導入されているのに対してエックスの扱いが少し影が薄い。エックスにも専用のムービーはあるけど、数で言えばゼロの方が多いのでおのずとストーリや背景が分かりやすく感情移入しやすい。エックスはちょっとさっぱりしている。

この辺りはエックスが好きかゼロが好きかで分かれるかもしれないけど、最終的にはどちらも扱いになれれば違う戦法や難易度になるので面白いゲームなのは間違いない。

目的は「X4」を買うためだったけど今「X2」、「X3」も遊んでいる途中だけど、まだ遊んだことがない方はこれを機に買ってみるのも手かもしれない。

ロックマンの新しい可能性を見せてくれた【ロックマンx】の魅力を紹介

続きを見る

 

5位 真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER

これも懐かしいタイトル。
自分が学生の時にマニアクスだ発売されて遊んだのがきっかけで購入した。
メガテンの存在自体は知ってはいたけど、初めて遊んだのがマニアクス。

これはそのリマスター版だけど、基本的にPS2時代とほど同じ。違う所が以下。

  • グラフィック向上
  • ボイスが付いた
  • 難易度「MERCIFUL」が追加
  • 継承スキルを任意で選択できる
  • ダンテ、ライドウが仲間になる

グラフィックやボイスが付いたのはもちろんだけど、一番うれしかったのは「デビルメイクライ」の「ダンテ」と「デビルサマナー」の「葛葉ライドウ」がゲストキャラで対戦できて仲間になる所だろう。

特に「ダンテ」は僕の好きなゲームの一つなので当時、マニアクスが出たときは買わない理由がないぐらいだった。

このゲームの世界観も未だに好きだな~。
壊滅した東京で主人公が悪魔になって旅をする。
旅の途中で友人たちと再会するけど徐々に壊れていくカオス要素もあり、会話の選択一つでエンディングが決まるマルチエンディングをコンプリートするのに苦労した。

ここに出てくる悪魔のデザインも他の作品とは違って個性的な姿が多い気がする。
機械っぽい天使がいたりするし、ちょっと独特な姿。

PS2時代の話だけど、仲間の悪魔を合体してより強力な悪魔を誕生させる「悪魔合体」ができるけど、これが大変だった。
当時は今みたいに合体表みたいのがなく、「何と何を組み合わせればあれができる」みたいな情報がなかったので手探りで目的の悪魔を作っていた。
しかも、その時スキルを継承できることができるけどそれが完全にランダムだった。
よって、目的のスキルが出るまで×ボタンと〇ボタンを繰り返し連打していて、かなり時間がかかった。

リマスター版は、任意でスキルが継承できるのでかなり楽になった。

戦闘も「ペルソナ5」などではお馴染みのプレスターンバトルの初期型なので遊びやすかった。
ただ、当時のシステムは弱点を当てても次に同じ悪魔が出てきても「これが弱点」といった案内や表示がされないので、悪魔の弱点を記憶しておかなければならないので注意。

あとムービーは、所々がフルHDになっていないのでちょっと残念。
東京が死んで僕が生まれた」と中二病心をくすぐるキャッチコピーが未だに焼き付いている僕としては、やりごたえのある素晴らしい作品だと思っている。

 

4位 モニター

前回の記事と被るけど、やっぱりゲームをやるならモニターを買った方がいい。
サイズは24.5インチのフルHDで映像もテレビよりはきれいになったし、コントローラーのボタンを押したときの反応も良くなった。
音はこもるような感じだけど、ヘッドセットなどを装着すれば問題なので不満もない。
HDMIも2本つなげられるし、PS4やswitchを遊ぶ分には問題ないぐらいのスペックだと思っている。

ただ気を付けてほしいのは値段
これも前の記事でも書いたけど、少し高くなっている。
ちょっとサイズが落ちるけど、23.8インチでスペックは同じなので、多少のサイズダウンは気にしない方はこっちでもいいかもしれない。

【2020年】買って良かった物【生活が変わったもの編】

続きを見る

 

3位 コントローラー

スイッチ用に購入したコントローラー。
「モンハンライズ」を遊びやすくするために購入した。
この辺りも前の記事で紹介したけど、スイッチのボタンが小さくて使いづらかったのだ。

これにしてからボタンも大きくなったのでこの問題は解消された。

ただし、スティックはPS4と同じぐらいの高さ。
Joy-Conからこっちに変わるか感覚が狂うので慣れるのに時間を要した。

このコントローラーについてはあとで記事として上げる予定。

 

2位 モンハンライズ

時期が時期だから「モンハンライズ」もランクイン。

「ワールド」以来、久しぶりのモンハンだったけど、意外と画面はきれいだった。
ただ、モンスターのリアル感はPS4の方がきれいだけど、そこは好みかも。

全体的に「」を意識した世界観、村はもちろん、装備品やモンスターまで「和」にこだわっている。


難易度的にはシリーズでは低めだったので、初めてモンハンを遊ぶ人には向いている。
逆にある程度、シリーズを遊んだことがある人はちょっと物足りないかも。
現にラージャンは前シリーズより倒しやすく、さほど苦戦せずにクリアできたぐらいだし。

とはいえ久しぶりのモンハンなのでしばらくははまっていると思う。
4月末には「オオナズチ」が追加されるし、それまで装備を整えよう。

これが出たということは次は・・・。

1位 ニンテンドースイッチ

ま~、一番の出来事はこれだな。
スイッチの存在はでかい。
久しぶりの任天堂のゲーム機だけど、やりたいソフトもたくさんあるんだよな~。

モンハンが落ち着いたら次のソフトを買ってるかも(破綻する)。

【モンハンライズ】を遊んで気づいた【ニンテンドースイッチ】問題点

続きを見る

ついにその時が。我が家にも【ニンテンドースイッチ】が来た。

続きを見る

今後は

気になるソフトがまあまああるんだよな~。

  • マリオ3Dコレクション
  • ベヨネッタ2
  • スマブラ
  • ニーアレプリカント

マリオは64をやりたいし、ベヨネッタ2は遊んだことがないのでやってみたいし(「1」はある)、スマブラも久しぶりにやってみたいし、ニーアも最近興味がでてきたし・・・・。

どうしよ・・・・。

ゲーム 生活系

「e-家具 レーシングチェア」テレワーク用に購入したゲーミングチェアレビュー

去年の12月ぐらいに買ったゲーミングチェア。購入して約2ヶ月ほどではあるだけどこのゲーミングチェアの良かったところや気になったところをまとめてみた。 とはいえ我が家にゲーミングチェアを導入するのが初ということもあるのでファーストインプレッション、参考程度に読んでいってほしい。 ゲーミングチェアを購入した経緯 以前当ブログでも紹介したゲーミング座椅子。 この座椅子を批判る気もないし今も使ってるけど、座椅子生活に限界がきてしまったのが購入理由になるんだ。 というのも長い座椅子生活で腰に違和感が出てきてしまった ...

続きを見る

ゲーム メガテン3 真・女神転生

【真・女神転生3REMASTER】世界観とレビュー

去年発売された「真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER」。PS2版も遊んだことがあったので、購入しようか悩んだけど「ライドウ」しかでないものだと思っていたけどその後の情報でマニアクス版も有料だけどダウンロードできるようだったので即予約した。 久しぶりに遊んでみたけどやっぱり面白い。けど、やはり不満点もある。PS2時代から感じていたものがこのリマスター版でも反映されていたのでその辺りをレビューしようと思う。 ※一部ネタばれアリ 大まかなストーリー 東京に住む主人公はクラスメイトの千明と ...

続きを見る

Amazon PS4 Switch ゲーム 楽天

【2020年】買って良かった物【ゲーム編】

前回の「生活が変わったもの編」から今回は「ゲーム編」を紹介。ソフト以外のもゲーム機や周辺機器等も対象になっているのであしからず。一応、範囲としては2020年から2021年の3月までの期間を対象として紹介しようと思う。 前回の記事は以下より。 7位 龍が如く0 2015年に発売されたソフトを今頃と言われそうだけど、実はPS3ではすでに体験済みなのだ。ただ、去年辺りから急に遊びたくなり、PS4版のダウンロード版で遊んでみたのだ。 結果としては、やっぱり面白いね。「1」並みに悪い人しか集まらない感じが。アクショ ...

続きを見る

Switch ゲーム モンハン

【モンハンライズ】を携帯モードにした時の違和感

この記事を書いている時点での「モンハン」の総プレイ時間が24時間を超えた。今は上位クエストを目指して狩りまくっているが、途中からスイッチを携帯モードで遊んでみようと思った(だいたい、5~6時間ぐらい)。 3DSのモンハンもやった事があるのである程度慣れればできなくはなかったけど、結論としては「わざわざ携帯モードではやらない」という答えに至った。どうしてこうなったかを今回は記事にしてみた。 途中の説明がこの間の記事と被る所もあるので、そっちも見ておいた方がいいかも。 携帯モードとは? この間の記事でもチラッ ...

続きを見る

ゲーム メガテン3 真・女神転生

【真・女神転生3】元ネタ【マガタマ編】

前回の記事でもチラッと書いたけど、「真女神転生3」の元ネタになったものを自分なりに調べてみた。 今回はこのゲームを攻略するのには欠かせない「マガタマ」について紹介する。「マガタマ」の名前の由来や元ネタを調べてみたので気になる方は観ていってほしい。 なお、一部ネタバレになる可能性がある所もあるので、一通りゲームをクリアしてからの閲覧をおススメ。 マガタマ(勾玉)とは? そもそもマガタマって何?何に使うのと気になったので僕なりに調べた。 古代のお守り 古代からこの勾玉には不思議な力、魔除けやお祓いのような悪霊 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ノブン

ブログを始めて1年経過。 最高月6千PV、収益4桁。 趣味:ゲーム、ラルク、ブログ。 子供の頃に「ロックマン8」を買ってもらったのをきっかけにゲームに目覚める。 最近ハマっているゲームは「ロストジャッジメント」、「真女神転生5」。 好きなアーティストは「ラルクアンシエル」。 好きな漫画は「ベルセルク」。

-Amazon, PS4, Switch, ゲーム, 楽天