PS4 Switch ゲーム メガテン3 元ネタ解説 真・女神転生

【真・女神転生3】元ネタ【スキル編】ダンテが覚えるスキルと演出面での元ネタを紹介

2021年7月24日

本ページはプロモーションが含まれています。

久しぶりの真女神転生3の記事。

今回は「デビルメイクライ」からゲスト出演した「ダンテ」が覚えるスキルとセリフや演出面などの元ネタについて紹介しようと思う。

といってもほとんどデビルメイクライ「1」「2」が元ネタになっているから、このゲームを遊ばないとちょっとマニアックになってしまうかもしれないので、事前に「デビルメイクライ」を遊んだ後にこの記事を読むのをおすすめ。

メガテングッズを扱う『アトラスDショップ』はコチラ

デビルメイクライとは?

このブログを始めて初期の方で記事にしたから詳しくはそっちでも解説しているから簡単に説明すると悪魔を倒すデビルハンター「ダンテ」をプレイヤーが操作して悪魔を倒すアクションゲームといった感じ。

ダンテは普段は便利屋「Devil May Cry」けどその正体は半人半魔の悪魔狩人で、伝説の魔剣士スパーダの息子でもあるんだ。

幼いころに母エヴァと双子の兄バージルを亡くしその仇を討つために日々悪魔を狩る生活をしている。

このダンテがま~ユーモアがあるというか目の前に巨大な悪魔が現れても余裕で冗談を言えちゃう奴なんだ。

アクション自体のかっこ良く、特に敵を剣で切り上げてからの銃で撃ちまくる攻撃が今も爽快感があって良い!。

僕がプレステ2の本体と一緒に買った記念すべきゲームソフトでもあるから思い入れが深いんだよね。

ただアクションゲームと名乗るだけあって難易度は高めで最初のボス「ファントム」を倒すのにかなり苦労したけど、倒した達成感がたまらなくツボにはまり以降、最新作「5」まで遊ぶまで好きになったゲームでもある。

おすすめ
僕がこの作品に出合ってしまった「デビルメイクライ」の魅力

続きを見る

真・女神転生3でゲスト出演のマニアクス版

そんな夢中になっていた「デビルメイクライ」だけど、2005年に追加要素を加えたマニアクス版が発売されたけど僕が一番、目に留まったのがなんと「ダンテ」がメーカーの垣根を越えてゲスト出演することが分かったんだ。

「真・女神転生」の存在は当時からは知ってはいたけど実際に購入したのは実はこの作品が初めてなんだ。

一応、ゲームボーイの「デビルチルドレン」は遊んだことはあったけどね。

肝心のゲームのできたけど、「デビルメイクライ」を遊んだことがある人は思わずニヤリとしてしまう演出、セリフやスキルがあったので、「デビルメイクライ」ファンはもちろん、遊んだことがない人もその虜になること間違いナシ!。

まさに夢のコラボだけど「デビルメイクライ3」では逆に真・女神転生シリーズのキャラデザイナーである金子一馬氏がダンテ、バージルの魔人化したデザインを提供している。

下の赤い悪魔がダンテの魔人化した姿。

こっちはバージル。

【真・女神転生3REMASTER】世界観とレビュー

続きを見る

ダンテを仲魔にできる

敵として出現する際のダンテは物理攻撃をメインで攻撃するけど、電撃や衝撃属性の攻撃、「挑発」などサポートスキルでもスキがない。

加えてダンテは弱点がないためそれなりに対策を練らないとあっという間にゲームオーバーになってしまう厄介な存在。

そんなダンテは敵としては恐ろしいけど仲間になることができる頼もしい存在になるんだ。

スキル面での詳しい説明はこの後するけど、優秀なスキルに加えての耐性もかなり優秀でスキがない。

僕はダンテが仲魔になった瞬間から主力メンバー入りで終盤まで使いまくっていた

リマスター版ではライドウがメイン

2020年に発売されたリマスター版は「マニアクス クロニクルエディション」がベースになっているのでこれだけではダンテが出てこない。

その代わりに「葛葉ライドウ」が差し替えで出演している(スキルは一緒だけど、演出やセリフは違いBGMも若干違う)。

ダンテが出演する「マニアクス」ダウンロードコンテンツの「マニアクスパック」を980円で購入することで葛葉ライドウとチェンジできるよ。

ダンテが習得するスキル

まずはダンテが習得するスキルをリストアップしてみよう。

  1. E&I
  2. リベリオン
  3. ラウンドトリップ
  4. ワールウィンド
  5. ホーリースター
  6. 挑発
  7. ネバーギブアップ
  8. 脅し
  9. トゥーサムタイム
  10. スティンガー
  11. 父の名に誓って

メインの物理攻撃から電撃、衝撃の属性攻撃、相手のステータスを下げ、自分にかかったンダ系をリセットさせる補助系、はたまた万能属性や貫通までスキル面でどれを消せばいいか悩むぐらい優秀なスキルが豊富なのがダンテの特徴。

ここからは各々のスキルの簡単な説明と元ネタの紹介をしていこうと思う。

E&I(エボニー&アイボリー)

MPを消費して敵単体に1~4回の物理攻撃をするスキル。

威力はやや低いけどMP消費が低く、単体ではあるけど複数回攻撃するのが特徴。

ダンテと言ったら【エボニー&アイボリー】

このスキルの元ネタは「デビルメイクライ」シリーズでお馴染みのダンテが愛用している銃「エボニー&アイボリー」から。

エボニーが黒、アイボリーが白色の大型の二丁拳銃でピアノの「黒鍵」「白鍵」を意味している。

銃の中では威力は低いけど、連射性が優れ、他の銃と比べてもクセがなく使いやすいのが特徴。

ゲーム中では弾は無限に発射できるけど、設定では弾丸に魔力が込められ発射することで威力が上がっている。

エボニーは遠距離、アイボリーは連射で優れる

元々の裏設定ではこの銃は以下の特徴があった。

名前特徴
アイボリー右手用の銃で連射に優れている。銃を出しやすくするため、丸みを帯びたデザインが特徴。
ハンマーが軽量化されたリングハンマーが採用されるなど素早く、射撃ができるようになっている
エボニー左手用の銃で精密射撃に特化したデザイン。サイト(照準)やハンマーもアイボリーと違う。
ハンマーが確実にコッキングできるようにスパーハンマーが採用されている所を見ると、確実な射撃ができるようなデザインになっている。

といった設定自体はあったけどゲームでそれらの違いはなく連射できる二丁拳銃って感じだった。この特性は「5」から採用され以下の特徴が追加されたんだ。

アイボリーは連射に優れ3点バーストのように連射が効く射撃ができる。

エボニーはスピーディーな連射はできないけど一発一発の威力が高いショットガンのような射撃が特徴。

これが結構ハマりそうになるので機会があれば「5」も遊んでみてほしい。

これ以上、説明すると本筋と外れそうなので次に行こう。

リベリオン

敵単体にクリティカル率の高い物理攻撃をする。

HPを消費するけどクリティカル率が高い物理攻撃の為、メインで活躍できるスキル。

敵として出現する場合は主人公に当たらないようにヒヤヒヤしていた自分がいたね。

「2」以降のメインの武器

元ネタは「デビルメイクライ2」以降のシリーズでお馴染みのメイン武器「リベリオン」から。

「1」の初期武器が「フォースエッジ」だったけど、この「デビルメイクライ2」以降、最新作「5」までこれがダンテのメイン武器になっている。

「リベリオン」を使用する際のモーションがこの「2」からきているけど、クリティカルは「真女神転生」専用の解釈。

「デビルメイクライ」のリベリオンは特に目立った特徴がなくスタンダードな武器だけど、いい方を変えればそれだけ信用されているといってもいい。

ラウンドトリップ

敵全体に電撃属性の大ダメージ。

リベリオンに電撃が走りそれを相手に向かってブーメランのように投げるアクションが特徴。

物理攻撃がメインのダンテにとってありがたい属性攻撃スキル。

「1」から「アラストル」のスキル

電撃属性かつ剣を投げる姿からして「1」で最初の方で手に入る剣「アラストル」のスキルが元ネタ。

ゲームを初めて序盤の方で手に入る「アラストル」だけど、最初の出会いは衝撃的。

これがなかなかショッキングな演出なので要注意。

「アラストル」自身の性能は「フォースエッジ」の強化版といった所。

スピーディーかつ魔人化が使えたりと序盤に手に入る武器だけど、最後までお世話になるのである意味、メイン武器といってもいい。

ワールウィンド

敵全体に衝撃属性の大ダメージ。

ダンテ自身が大きくリベリオンを横に振り回し、巨大な竜巻を敵に当てるモーション。

これも物理攻撃がメインのダンテにとって貴重な属性スキル。

スキル名と技のモーションからして

「1」にはこのスキル名が存在しないので自然と「2」になる。

おそらく、真魔人化した状態のダンテの空中技「ワールウィンド」からきていると思う。
技の動きも通常攻撃の派生した動きからきている。

横に対して有効な技だったので僕も「2」を遊んでいた時、よく使っていた。

ホーリースター

味方全体のンダ系魔法の効果を相殺。

他のスキルと比べると派手さに欠けるけどあれば便利な地味に嬉しいスキル。

仲魔が覚えているスキルで次第でこれを残すか悩むけど僕は最終的には消しちゃったね。

解毒してくれるアイテム

元ネタは「2」の新アイテム「ホーリースター」から。

このアイテムを使うことで解毒してくれるけど、クリアの評価が下がるので使用する際は注意が必要。

挑発

敵全体の防御力を大幅に下げる代わりに攻撃力を上昇させるスキル。

これをつかうことでダンテ自身のMPが小回復できるダンテ専用の挑発。

敵の攻撃力が上がっちゃう諸刃の剣の挑発だけど、MPも回復してくれるから最終的に残しておいたスキルでもある。

敵の攻撃力が上がっちゃう諸刃の剣の挑発だけど、MPも回復してくれるから最終的に残しておいたスキルでもある。

「2」以外シリーズではお馴染みの挑発

元ネタは「1」にもあった「挑発」から。

敵との一定の距離で「挑発」を行うとデビルトリガ―ケージ(魔人化する際に消費するゲージ)が回復し、敵との距離が近いほど回復量が増えるのが特徴。

「真・女神転生3」のダンテが「挑発」を使うとMPが回復するのはここから来ているんだ。

「1」では挑発する際は右手に持った銃で「来いよ!」といった動きで敵を挑発するけど「真・女神転生3」でも同様に敵を挑発するモーションになっている。

「2」では「挑発」は採用されなかったけど、「3」で復活し以降も採用されている。

「1」ではセリフやモーションにさほど変化がなかったけど、「3」以降は「スタイリッシュコンボランク」に応じてセリフや動きに変化がるので、それらの違いを見つけるのも面白い所。

ネバーギブアップ

HPを0にされても1回だけ残量1で耐える。

これも地味ながら重宝するスキル。残したことないけど。

ラストのセリフ

これは「初代デビルメイクライ」のラスボス、「ムンドゥス」を封印しダンテが飛行機で島を脱出する際にトリッシュへ語るセリフからきている。

人間として生きてきたダンテだからこそ言えるセリフだね。

ちなみにこの事件の後、店の名前が「デビルネバークライ」に改名している。

ただ、この名前はトリッシュがお店にいる際の名前でトリッシュが不在の際はいつもの「デビルメイクライ」に戻しているらしい。

脅し

迷っている相手に承諾をうながす。

交渉する際に使用できるようだけど僕は使ったことがない。

出所不明

このスキルについてはどう調べても元ネタが不明だった。

作中では相手をバカにしたセリフは確認できたけど脅している所までは見つからなかった。

これは「真・女神転生3」だけのスキルかもしれない。

トゥーサムタイム

敵全体に物理属性中ダメージ&PANIC。

「E&I」敵単体に対してこっちは敵全体に攻撃、しかもPANIC付き。

「E&I」と「トゥーサムタイム」どっちを採用するか悩みどころ。

「2」以降、お馴染みのスキル

元ネタは「デビルメイクライ2」以降、二丁拳銃を別々の方向に向けて攻撃する「トゥーサムタイム」からきている。

「2」ではちょっと操作しづらかったけど「3」以降はボタン一つで任意の方向に攻撃できるようになっている。

ただし威力は元のままなのであくまで牽制用や「スタイリッシュコンボランク」を維持するために使った方がいいかも。

スティンガー

敵単体に大ダメージ&ランダムで即死効果/万能属性。

敵に向かって突進し剣を突き刺すスキル。

即死効果も付いているし結構強力なスキルでもある。

ダンテの主力スキル

元ネタはシリーズではお馴染みのスキル「スティンガー」。

「1」では「アラストル」が手に入った後に習得できる。

敵をダウンさせやすく、相手との距離を一気に詰めることができるので使いやすいスキルでもある。

「2」は性能が下がって速度もだいぶ落ち、距離も短く使いにくい仕様になっている。

「3」以降は「1」のような仕様に戻り使いやすくなっている。

「真・女神転生3」での動きは「1」を採用したモーションに近い突進。

父の名に誓って

全ての攻撃の威力が1.5倍化+貫通。

全ての攻撃力が上がり、物理攻撃に「貫通」が付き「物理無効」や「物理に強い」敵にも攻撃が通るようになったのでかなり便利。

このスキルは優先的に残しておきたいスキルでもある。

決意の表れ

元ネタは「1」からグリフォン戦後のダンテのセリフより。

最終決戦のコロシアムで戦い、ムンドゥズへ更なる力を求めたがそのムンドゥズにとどめを刺され、冷酷かつ残酷なやり方に目の当たりにしたダンテがその時、発した決意の表れが採用されたスキルである。

それまで漠然とムンドゥズに対して仇を打つために行動していたダンテが、この場面で改めて復讐に決意を固めた瞬間でもある名場面の一つでもある。

ところで今、改めて見るとプレステ2時代はそれほど気にならなかったけど今観てみるとグリフォンの断末魔はちょっとショッキングかも・・・。

ショウタイム

敵全体に万能属性大ダメージ。

おすすめスキルの一つでもある「ショウタイム」。

特に万能属性なのがポイントなので積極的に採用してほしいスキルでもある。

ダンテの一通りのスキルが見られる

元ネタは「2」で使用できる通常攻撃の一通りの流れかつ、「スタイリッシュコンボランク」からその名が来ている。

流れとしては以下より。

  • ハイタイム⇒ダンテ自身もジャンプしつつ剣を斬り上げる
  • レインストーム⇒真下に向かって銃弾の雨を降らす
  • 甲割り⇒上空から一気に斬り下ろす

この時、画面に表示される文字と意味が以下。

  • BINGO!・・・当たり!
  • ARE YOU READY?・・・準備はいいか?
  • SHOW TIME!!・・・ショウタイム!!

これは「デビルメイクライ2」の演出を忠実に再現しているのでファンとしてはたまらないスキルになっている。

登場シーン、セリフの元ネタ

今まではスキル面の元ネタを解説してきたけど、ここからは登場シーンやセリフなどの元になったシーンをササっと紹介。

高所から飛び降りるダンテ

ダンテ初登場のシーンでマントラ軍本営から飛び降り着地した後、戦闘に入るシーン。

これは「デビルメイクライ2」の最初のミッションで同じような演出が見れるので要確認。

これ以降のシリーズでも似たような演出がいくつか確認でくるのでファンは要チェック。

大当たりって奴だな

アマラ心深界第3カルパでチェイスイベント前のシーンで聞けるセリフ。

これは「初代デビルメイクライ」や「デビルメイクライ3」以降、シリーズではお馴染みの名台詞「ジャックポット」が由来。

英語では「Jackpot」、意味は賭博など賭けの場で使われる言葉らしいけど、明確な基準はないみたい。

チェックメイト

これもアマラ心深界第3カルパでダンテと出会い、チェイスイベント終了後に主人公に背後から銃を突きつけられるシーン。

ここでのセリフも「デビルメイクライ2」で2戦目のアリウス戦後に銃で撃つ前のダンテのセリフ。

個人的に「2」で好きなシーンの一つでもあるので「真・女神転生3」でこのセリフが聴けたのがうれしかった。

ガラクタに興味はない

セリフはちょっと違うけど上の戦闘後にメノラーを渡す際に見れるシーン。

これは「デビルメイクライ2」でアリウス1戦目の戦闘前にアルカナと呼ばれるアイテムを渡す際に見れる。

「2」で僕が好きな演出でもあるので結構うれしいな~。

ガッツある

アマラ深界第5カルパでの会話やダンテがレベルアップした際に見れるセリフ。

元ネタは「初代デビルメイクライ」のネロ・アンジェロと呼ばれる騎士が初登場した時にダンテが発したセリフ。

このネロ・アンジェロとは3度戦闘になるけど、その内2回このセリフが聴ける。

コイントス

これもアマラ深界第5カルパでダンテを仲魔にする時に行われるイベントシーン。

コインの表か裏で支払うマッカの額が変わるけど、元ネタは「デビルメイクライ2」から。

「2」でもコイントスはよく見かけるのでこのネタを知っている人はその仕掛けも知っているハズ。

「2」をやってないと分からないシーンかもね。

メガテン3のダンテは見た目は「2」中身は「1」

「真・女神転生3」のダンテは見た目は「2」だけど性格は「1」をベースにしたダンテ。

習得できるスキル面は「2」がメインでMPが回復できる「挑発」や全ての攻撃の威力が1.5倍化+貫通が付く「父の名に誓って」のややマニアックな所は「1」。

クールで寡黙な「2」も良かったけど僕的には「デビルメイクライのダンテ」となると「1」になるかな?。皮肉めいたセリフが好きだし。

メガテングッズを扱う『アトラスDショップ』はコチラ

メガテン3の記事

その他のメガテン3記事の記事もあるので良かったらどうぞ。

元ネタ関係の記事は以下より

魔人元ネタ
【真女神転生3】元ネタ【魔人編】

続きを見る

【真女神転生3】元ネタ【大天使編】

続きを見る

おすすめ
【真・女神転生3】元ネタ【マガタマ編】

続きを見る

デビルメイクライ!!
【真・女神転生3】元ネタ【スキル編】ダンテが覚えるスキルと演出面での元ネタを紹介

続きを見る

【真・女神転生3】元ネタ【鬼神編】

続きを見る

【真・女神転生3】元ネタ【鬼女編】

続きを見る

コトワリの考察は以下より。

【真女神転生3】コトワリ【シジマ編】

続きを見る

【真女神転生3】コトワリ考察【ムスビ編】

続きを見る

【真女神転生3】コトワリ考察【ヨスガ編】

続きを見る

レビュー記事は以下より。

おすすめ
【真・女神転生3REMASTER】世界観とレビュー

続きを見る

CD化された「真・女神転生」オンラインライブ2021 ~オンガクのコトワリ~ レビュー

続きを見る

男性必見!

注文ゲーミングパソコン!

今がチャンス!

今読まれている記事!

おすすめ記事はコレだ

AFFINGER ブログ

【Cocoon】から 【AFFINGER5】へ変更してみた感想と比較

AFFINGER5(現AFFINGER6)を使ってみて早10日ほど経過したけど、最初導入した時はドタバタしていたけど今は落ち着いてきかな。 PV数とかには目立った変化は今の所ないけど(ブログを始めてまだ4ヶ月目ということもあるかもしれないけど)デザイン面では不満はないかな。 ただ、Cocoonを使っていた時間が長かった分、色々設定をする際は不満が尽きなかった。 結論としては「AFFINGER5へ変更して満足している」。 というわけで今回はCocoonからAFFINGERへテーマを変更して感じたことをまとめ ...

続きを見る

ゲーム 生活系

「CYBERGROUNDのゲーミングチェア レーシング」レビュー   テレワーク用に購入したゲーミング座椅子

去年のコロナの影響で購入したこの座椅子。色々な種類があり悩んだが、約半年ほど使い込んだ結果をレビューしようと思う。 結論としては姿勢がかなり楽になってリラックスできるけど、違う問題が発生してしまった。 座椅子を導入したことで何が良かったのか?何が問題なのかを僕なりにまとめたので これから座椅子を購入しようと思っている人達の参考にしてほしい。 寄りかかれない生活はきつい この座椅子を買う前は、地べたに座って作業していから、結構きつかった。今まで買わなかった理由、昼間は仕事で不在だし、家にいる時間が少なかった ...

続きを見る

松屋

侮ってはいけない!コスパ最強【松屋ソーセージエッグ朝弁当】レビュー 盲点だった

最近知ったんだけど、今年の2月から松屋では朝弁当、朝定食の持ち帰りができるようになっていたんだ。 それを知ったのが昨日投稿したチキンコンボ牛めしを買いに行ったときに初めて知ったんだけどね。 結論としては「500円以下でこの満足度は高め」となったので、朝定食は食べたことがあるけど、テイクアウトはまだしたことがない人はこの記事を参考にしてほしい。 朝弁当とは? 読んで字の如く普段、朝定食で出ているメニューをお弁当という形でテイクアウトすることができたのがこの朝弁当。 今までは朝定食はできなかったからレビューで ...

続きを見る

PS4 ゲーム レポート 聖地巡礼 龍が如くシリーズ

ロストジャッジメントの聖地巡礼!横浜でゲームと現実が融合した世界観

今更ながら急に「ロストジャッジメントの舞台、伊勢佐木異人町のモデルになった横浜を訪れてゲームの世界に没入した気分を味わいたい!」っという思いつきで行ってしまった横浜。 ロストジャッジメントは、2021年に発売されたセガのアクションアドベンチャーゲームで舞台は横浜の伊勢佐木異人町で、実際に行ってみたら横浜の街並みや文化が見事に忠実に再現されていたんだ。 ゲームで見た場所を実際に見ることでゲームの世界観をより深く理解することができ、また横浜の魅力を再発見することもできたので、まだこのゲームの横浜の聖地巡礼に行 ...

続きを見る

PS4 Switch ガジェット ゲーム デスク環境

【ゲーミングヘッドセット GSP 301レビュー】おおむね良好、唯一のデメリット 

ちょっと前にAmazoプライムデーが開催された時にゲームヘッドセットを購入したんだよね。 使っていたヘッドセットは「ARKARTECH G2000」という2年ぐらい前に買ったものを使っていたけど、色々不満があってこの機会に買ちゃった。 まだ使い始めて3日ほどだけど、結論としては「以前使っていたものよりいい買い物をしたけど一つだけ不満がある」という風になったので今回は↓ こんな方におすすめ ARKARTECH G2000の不満点を知りたい GSP 301のデザイン GSP 301の良かった所、不満点 音にこ ...

続きを見る

-PS4, Switch, ゲーム, メガテン3, 元ネタ解説, 真・女神転生