ゲーム

僕がこの作品に出合ってしまった「デビルメイクライ」の魅力

2021年2月10日

本ページはプロモーションが含まれています。

僕が「一番好きなゲームは何?」と聞かれたらまず上げるのが、
この「デビルメイクライ」。

初めてその存在を知ったのがCMを見た時、一目ぼれしたのを未だに覚えている。
「何だ、このかっこいいゲームは」っと第一印象がこれだった。

当時はPS2を持っていなかったので、なけなしのお小遣いでソフトとセットで買ってしまった。
その出会い以来、「5」まで遊んでしまったが、今回は、その初代「デビルメイクライ」の魅了を書きたいと思う。

これをきっかけに、一人でも多くのデビルファンが増えてほしいと思う。

デビルメイクライとは?

そもそもこのゲーム何?と思う方もいると思うのでざっくり説明すると悪魔を倒していくアクションゲームである。

元々はバイオ4を作る予定だったがホラーやアクション面などでやりすぎたらしく、オリジナルソフトとして開発された経緯がある(鬼武者もそうらしい)。

ストーリー

幼い頃に悪魔に母と兄を殺されたダンテ。いつか仇に合うために表向きは便利屋として営む。
しかしその裏では悪魔を狩る悪魔狩人として日々戦っている。
ある満月の夜、店にバイクに乗って突っ込んできた美女トリッシュと出会う。

会うなり初っ端から電撃を浴びせ蹴りを入れるは挙句の果てには、剣をぶっ刺され散々。
だが、ダンテは死ななかった。自身も悪魔の血、伝説の魔剣士スパーダの力がうけずいていた。
その力でバイクを放り込んだボディに銃弾を撃ち込み吹き飛ばした。

その力を試したかのようなセリフで2000年前に封印されていた魔帝ムンドゥスが復活しようとしていた。ダンテはトリッシュと一緒に悪魔が住んでいる島マレット等へ赴く。

これがおおまかなストーリー。

システム

アクションゲームのジャンルが微妙に違う。
シリーズを通してアクションゲームなのには変わりはないが少し呼び名が違く、今作は「スタイリッシュハードアクション」となっている。

特に、初代のアクションと最新作「5」を比べても全然違うアクションといっても過言ではない。
ランクという物が存在し画面の右上辺りに表示される。シリーズごとに表示される文字が違うがD~SSS(1,2はSまで)が存在し、D→C→B→A→S→SS→SSSと上がっていけばポイントが上がり悪魔を倒したときのレッドオーブ(これで技を覚えたり体力を増やしたりするアイテム)がたくさん落とす。

それゆえ、武器のクセ各々違うので把握しておかなければ単調なアクションになる。
初代は、比較的簡単な攻撃でも、それなりにスタイリッシュランクが上がるようになっている。

初代は武器をチェンジしたい時は、スタート画面に切り替え、武器を選択しなければならなかった。このやり方だとスピーディな切り替えができず当時はちょっとおっくうだった。

ダンテ

まず主人公のダンテ。シリーズを通してプレイした方は承知済みだと思うが、このダンテがまたいい。ざっくりだが下にまとめてみた。

・子供の頃に母親と兄を悪魔に殺された。
・皮肉屋で常にジョークを口にしている。
・悪魔のこと以外は無頓着。
・武器には大剣と二丁拳銃を持っている悪魔狩人。
・ピザが好き。

簡単にまとめるとこんな感じ。こうして改めて字にしてみるとけっこうハードな人生を送っている。
特に親と兄を殺されそのあとは小説版によると一人で生きて名前を変えて生きていたらしい。

たしかトニー・レッドグレイヴといったような・・・。この名前はベヨネッタにも出てきたよね。

その後いろいろあり事務所を立て生きている。

事務所の名前は「Devil May Cry」。
シリーズ1より前のストーリーの「3」ではまだ名前が決まってなかったが、エンディング後レディのセリフより思いついたらしい。
が、お金に興味がないのか金欠のようでついに「5」では電気、水道が止められた状態に陥っているのが確認された。

ただ、悪魔退治に対する信念は本物でたとえお金とは関係なくとは退治に行くらしい。

「4」のEDでも特に興味がなさそうな性格が聞ける(もらえるものはもらう的な)。

こうゆう所が惹かれるポイントなのかもしれない。

ちなみに好きな食べ物がピザとストロベリーパフェらしい。


ピザはシリーズ通してお馴染みの食べ物だが、初代では、トリッシュが事務所にバイクで突っ込んでくるときにちらっと見える。何味だろう?
ストロベリーパフェはアニメの設定らしい。
ちゃんと見たことはないが最初の話で店主らしき人に「注文は?」と聞かれ「ストロベリーサンデー」と注文していたし。
ちなみに「ベヨネッタ」に出てくる「ロダン」というバーテンダーのメニューにはストロベリーパフェがあるし。

キャラクターの説明欄でも確認できたし、初代のディレクターも見ていたのかな?

 

個人的に好きな武器

  1. アラストル・・・フォースエッジ(最初の武器)より全てにおいて勝っている。切るときに、剣に稲妻が帯びているのが、かっこいい。 
  2. スパーダ・・・魔人かできない代わりに(一部ミッションでは使用可)攻撃力が高い。見た目もかっこいいが、スティンガーやラウンドトリップ(剣を投げる技)の時に形が鎌のように変わる。

魔人化する時の見た目は「スパーダ」がかっこいい。イフリートという炎を帯びた魔具があるが、その時、魔人化した際の技、「インフェルノ」の爽快感は半端ない。

個人的に好きな悪魔

・マリオネット
人形のような姿のマリオネット。最初に出会う悪魔。
天井から糸で操られているような傀儡。その動きが妙にリアルで怖かった。

・ファントム
巨大なクモの姿に溶岩でおおわれている。
最初のボスになるが、こいつを倒すのに苦労した。
弱点が頭と背中辺りしかないので攻撃が効かないのだ。
おかげで何回もゲームオーバーになった記憶がある。
名前もなぜ「ファントム」?

・ネロ・アンジェロ
一番好きなボス。
登場シーンもかっこいい。鏡からダンテ瓜二つに現れる所が。
見た目は黒い剣士。剣技がどこかダンテと似ている。
こいつも何回もゲームオーバーしてしまった。僕の中で鬼門のような存在。
その正体を知った時はショックだったけど・・・。

BGM

このゲームのBGMも結構好き。ロック色が強く、ゴシック感もある。
特に、お気に入りなのが以下。

・古城
ゴシック感の強い城と相性がいいと思った。
少し恐ろしく、幻想的な雰囲気。

・中ボス戦闘 
シャドウなどの中ボス戦時のBGM。どこかサイレンが鳴っているような
危険を知らせる感じの曲。たまに聞きたくなる。

・ネロ・アンジェロ戦 (ULTRA VIOLET)
ここでもネロ・アンジェロ。最初に鏡から出てきて外にダンテが降り、
見上げるとネロ・アンジェロが剣を持ちながら両手を広げて(この時、カメラワークがぐるぐる回る)ダンテを襲う辺りのBGMがミソ。
イントロの静かなパイプオルガンと品のある剣士のような曲。

良かった所

アクションではダンテが悪魔を切り上げて(ハイタイム)銃弾を浴びせる姿がかっこいい。たしか、CMで見た記憶がある。
ある意味、このゲームの象徴のような攻撃の仕方。

アクション面では「2」はもっさりした感が否めず、「3」以降はスピーディーな操作を求められるが、初代はそれほど難しい操作は必要とせず、
かっこいい攻撃が可能なのが特徴。この歯ごたえは初代でしか味わえない。

魔人化した時の攻撃力の高さ体力の回復の速さ、魔人化専用の技が強さも初代独自。他のシリーズよりも強化されている印象がある。
割とすぐ、DTゲージがたまるので僕はDTゲージがたまり次第、積極的に魔人化していた。
アラストルは走るスピードが上がり、イフリートは破壊力があるので
積極的に使っていた。

ノーマル難易度クリア後のハードモード、ダンテマストダイモードが
えげつない。特に「ダンテマストダイ」は難しすぎた。
攻撃力などが上がるのは当然として、なんとデビルトリガーを発動させて飛躍的に能力が高まってしまう(攻撃してものけぞらないスーパーアーマー状態)という絶望的な難易度。最初のステージでもあっという間にゲームオーバーになってしまう。
だが、これらの難易度でクリアした特典は半端ない魅力あり。

ハード・・・「The Legendary Dark Knight」伝説の魔剣士モード
ダンテマストダイ・・・DTゲージが減らないスーパーダンテモード

個人的にはハードモードクリア時の特典が一番好き。

見た目も変わりオールバックに貴族のような姿。
武器も「閻魔刀」という日本刀のような剣(3以降のバージルの剣とは見た目が違う)。
銃もルーチェ&オンブラと見た目も少し違う(トリッシュが後に使っているのが2、4、5で確認できる)。性能は同じ。
魔人化もスパーダの姿になる。

しかも、人間時の影が、スパーダになっているという細かい違いもある。

 

人によっては難しいかも

基本的に、ノーマルでも難しい初見殺し。
敵によっては銃しか効かない物もいたり、慣れないうちは
苦戦するが、それらを乗り越えた時の達成感はツボになる。

何度もゲームオーバーして、相手の動きと弱点を覚えるしかない。

総評

2001年に発売されたこのゲーム、個人的にはアクションゲームの中でも、シリーズでも№1と言っても過言ではないと思っている。
ダンテが魅力的なのはもちろん、城の雰囲気やBGMも最高。

悪魔たちも個性的で、どちらかというと「悪魔」というようり「モンスター」に近いかもしれないので妙にリアルな悪魔もいる。
しかも、テーマソングにはL'Arc~en~Cielのドラマー、yukihiroさんによる「ring the noise」を出していたりと、まさに自分にとっては最高。

今ならps4やニンテンドースイッチでも、シリーズがセットになっているのがあるのでまだ、遊んだことがない方はぜひ、プレイしてほしい。

男性必見!

シリーズ累計400万個突破の精力系サプリ!/

注文ゲーミングパソコン!

今がチャンス!

マイプロテインより、お得なセット商品が新登場/
セット内容:
・プロテイン1kg x1個
・クレアチン 100g x1個
・シェイカー×1個

また、通常3,590円送料無料のImpactホエイプロテインお試しセット
が2024年6月まで2,990円送料無料でご購入頂ける限定割引コードあり!

割引コード:SHINKI

詳細はサイトでチェック👇!

今読まれている記事!

おすすめ記事はコレだ

松屋

驚異のコスパ380円!【松屋 得朝牛皿定食】レビュー 朝から満足度MAX!

去年辺りから松屋の朝食メニューに新しく仲間入りした「得朝牛皿定食」。 この得朝牛皿定食は、牛肉と生野菜、小鉢、ごはん、お味噌汁が揃った朝から元気をチャージしてくれる贅沢な朝食メニューになっているんだ。 しかも値段が380円とコスパの良いし、この辺りをレビューしていこうと思うので、まだ食べたことが無い人は参考にしてみて欲しい。 松屋の得朝牛皿定食の紹介 ここからは得朝牛皿定食のラインナップを紹介していこうと思う。 今回は珍しくテイクアウトじゃなく店内で食事してきました!(テイクアウトできないからね😓) 牛肉 ...

続きを見る

WOWOW ラルク

8月21日(土)WOWOWで放送されたL'Arc~en~Ciel「CLUB CIRCUIT 2000 REALIVE -NO CUT-」の感想

早速記事にしてみたけど、WOWOWで放送されたラルクの「CLUB CIRCUIT 2000 REALIVE -NO CUT-」の感想を記事にまとめてみた。 今までとはちょっと違う異色のライブだったので気になる人はぜひ読んでほしいです。 CLUB CIRCUIT 2000 REALIVE -NO CUT-とは? 2000年に開催されたライブツアー「CLUB CIRCUIT 2000 REALIVE」のことだけど気になるのは「NO CUT(ノーカット)」の文字。 文字通りだけどノーカットで収録差されているライ ...

続きを見る

ガジェット デスク環境 パソコン

65WのType-C充電できるノートパソコンにおすすめ【Anker Nano II 65W】レビュー

ノートパソコンを持ち運びたいけど、付属の充電器が大きくて重いために荷物が増えてしまう…そんな悩みを抱えている方に朗報!。 コンパクトで高出力の充電器アダプター「Anker Nano II 65W」が解決策として注目されている。 先日のAmazonプライムデーで購入して実際に使ってみたので、使い心地や性能についてレビューしてみたので参考にしていてほしい。 Lenovo IdeaPad Flex 550iは電源アダプターがデカいし重い そもそも僕のメインPC、1年間愛用しているLenovoのIdeaPad F ...

続きを見る

ゲーム デスク環境 買ってよかった

【2021年】デスク環境、ゲーム環境の紹介【今後欲しいものも紹介】

ブログを始めて今月で8ヶ月目、早いもので今年もあと3ヶ月ほどで終わりを告げるけど、執筆活動のモチベーションは意外と下がってない。 記事の投稿頻度は相変わらず週2ぐらいを目途に動いているけど、ちょっとずつ結果は出ていると思っている。 今後もこのペースで投稿しようと思ったけど、去年あたりからゲーム環境を良くしようとヘッドセットを買ったり、今年に至っては新しいノートパソコンまで買ったりと部屋の中を快適にしようとしている感が出てきている。 時期が時期だからしょうがないけど、今回は現状のデスク、ゲーム環境の紹介と、 ...

続きを見る

ゲーム メガテン3 真・女神転生

CD化された「真・女神転生」オンラインライブ2021 ~オンガクのコトワリ~ レビュー

ちょっと遅くなっちゃったけど、先月発売された「真・女神転生」オンラインライブ2021 ~オンガクのコトワリ~をようやく購入できた。 よって今回はこのCDを聞いてみた感想と個人的にハマった曲を紹介しようと思うので、まだこのCDを買っていない人は参考にしてほしい。 オンラインライブ~オンガクのコトワリ~とは? そもそもオンラインライブしていたのって話になるけど、実は今年3月20日(土)にオンラインで行われた「真・女神転生」の楽曲をバンドサウンドにアレンジして演奏されたイベントが行われていたのだ。 残念ながら僕 ...

続きを見る

-ゲーム