広告 Amazon Switch ゲーム 楽天

懐かしい【メダロット クラシックス】カブトVerとクワガタVerの違い

2021年6月13日

今頃、このゲームの記事を書いてどれくらいの人が興味があるか分からないけど、僕が小学生の頃に発売されたゲーム「メダロット」が2017年にニンテンドー3DSから「クラシックス」として発売された。

メダロットが20周年を記念いて発売されたけど、ゲームはもちろん、漫画版も当時ハマっていたので思い入れのある作品でもある。

ノブン
「1」はカブトVerでそれ以降はクワガタVerで遊んだな~。

この「クラシックス」自体は発売された日に購入したけど、最近またやり始めてふと思ったことがある。

ノブン
カブトVerとクワガタVerこの2つの違いは何だろう?

結論としてはほぼ違いはないけど、主人公が最初に手に入るメダロットによって難易度が変わる」。

というわけどこの2つの違いと「クラシックス」になって当時と何が変わったかを紹介しようと思う。

メダロットとは?

僕が小学生の頃にゲームボーイから発売された「メダロット」。
「メダルロボット」⇒「メダロット」と呼ばれるロボット同士を戦わせるゲーム。

メダル=脳

メダロットの背中(厳密にいうとティンペット)にメダルをセットすることでメダロット自体に自我のようなものがあり、人間とコミュニケーションをとることができる。

ゲーム版ではカタコトのセリフが出てくることもあるが、漫画版だと人間とほぼ変わらない知能をもっている。

ノブン
ゲーム、漫画版の主人公機は共通して主人公に対してため口。

このメダルがないとメダロットは動かない、しかも売っていない。
メダル自体がある意味、貴重。

カスタマイズをしてバトル

ティンペットとは骨組みのようなちょとみっともない姿をしている。
このティンペットにメダル以外の以下のパーツを装備することでバトル(ロボトルと呼ばれる)できる。

  1. 頭胸部パーツ
  2. 右腕パーツ
  3. 左腕パーツ
  4. 脚部パーツ

パーツによって個性がだいぶ違く、装甲と呼ばれる体力のようなものもパーツによって違うので、それらをカスタマイズすることで戦闘を有利に働かせる事ができる。

また壊されたパーツによって戦闘に支障が出てくる。

例えば脚部が壊されると移動スピードが遅くなり、頭部をやられると一発でアウトになったりハラハラさせてくれる。

近未来な世界観

この作品の世界観は現代とそれほど違いはなく、メダロットがおもちゃとして普及しているくらいかな?
「おもちゃ」と書いたけど、普通に大人も持っているし、セレクト隊(警察のような立場)もメダロッチを使い取り締まっているし、おもちゃの域を超えている感じがする。

とはいえ、メダルは売ってないけどパーツはコンビニでも普手に入るくらい普及しているぐらいだからおもちゃという表現も間違っていないのかもしれない。

ゲームと漫画の違い

大まかの概要は同じだけど、漫画版はオリジナル色が濃い。

漫画といっても作者「ほるまりん」さんが描いたメダロットと、よりオリジナル色が濃くなった「メダロッター りんたろう」のがある。
このあたりの詳細は次の記事で紹介しようと思う。

カブトの特徴

ここから本題。
まずはカブトVerの特徴を紹介。

といっても主人が最初に手に入るメダロットぐらいの違いだからその特徴を紹介。

カブトムシをモチーフにしたKBT型

カブトVerで最初に手に入るメダロット。

「KBT」とはローマ字でカブトの「KABUTO」からきている。
文字通りカブトムシ型のメダロットだけど全武器が射撃メインな所が特徴。
パーツごとの特徴が以下。

  1. 頭胸部パーツ・・・ミサイル
  2. 右腕パーツ・・・リボルバー
  3. 左腕パーツ・・・サブマシンガン
  4. 脚部パーツ・・・オチツカー

使いやすい機体

この機体はメタルビートルと呼ばれるが、漫画版ではメタルビートルが「メタビーがいいと思う」と提案し、以降はメタビーがスタンダードな名前になった。

メタビーの装備はいずれもクセがなく使いやすいのが特徴。
その詳細が以下より。

  • ミサイル、リボルバー・・・うつ攻撃でデメリットがない使いやすい攻撃。
  • サブマシンガン・・・ねらいうつ攻撃でクリティカルが出やすいが、回避行動ができなくなる。

これだけ見ると「へ~」みたいな感じになるけど、次のクワガタVerと比べてみると分かりやすいかもしれない。

クワガタの特徴

次はクワガタVerの特徴を紹介。

クワガタムシをモチーフにしたKWG型

クワガタVerで最初に手に入るメダロットでクワガタをモチーフにした機体。

「KWG」とはこちらもカブトと同じく「KUWAGATA」からきている。
こちらの機体はカブトとは正反対の格闘をメインとする機体。
パーツごとの特徴は以下より。

  1. 頭胸部パーツ・・・アンテナ
  2. 右腕パーツ・・・チャンバラソード
  3. 左腕パーツ・・・ピコペコハンマー
  4. 脚部パーツ・・・タタッカー

クセが強い機体

この機体はヘッドシザース、通称ロクショウとも呼ばれている。
ロクショウの名前に由来は「緑青」、銅が酸化することで出る錆(サビ)のこと。
漫画版では特定の人物から「ヨウハク」と呼ばれていた。
その意味は「洋白」、銅と亜鉛とニッケルから構成されている合金のこと。

ロクショウの特徴は格闘をメインにしているが、メタビーと違いクセが強めになっている。
その詳細は以下より。

  • アンテナ・・・命中率とクリティカル率を上げる。
  • チャンバラソード・・・なぐる攻撃でクリティカルは比較的出るが、次の行動までは防御ができない。
  • ピコペコハンマー・・・がむしゃら攻撃で威力は高めだが、次の行動までは防御と回避ができない。

とカブトと比べて威力は高めだがデメリットも高め。
特に頭部パーツだけ残った時は攻撃手段が残っていないのでかなり厳しい。

無難なのがカブトVer、慣れたらクワガタVerで遊ぶ

というわけでカブトVerのメタビーはクセがなく、使いやすいのが特徴なので最初に遊ぶ際はカブトVerがおすすめ。

逆にクワガタVerのロクショウはクセが強いのでカブトVerである程度、戦略に慣れてきたら遊ぶのがおすすめ。

要チェック!!
使いづらい【メダロット3】カブトバージョンを選んではいけない理由

続きを見る

クラシックスの特徴

ここからはクラシックスから導入されたシステムの紹介をしようと思う。

「1」~「5」まで収録

ゲームボーイで発売された「1」~「5」、カブト、クワガタVer両方に収録されている。

2020年に発売されたSwitch版は「メダロット・ナビ」、「メダロットG」、「メダロット弐CORE」がプラスで収録されている。

ストーリーを重視したいロボトルスキップ機能

シリーズ通して言える(特に「1」)けど、基本的にエンカウント率が高い。
少し進んだだけでまた戦闘なんてしょっちゅうあるし、そんな方に向けて導入されたロボトルスキップ。

その名の通りロボトルをスキップして勝った状態で戦闘が終了できるシステム。

ただし、経験値は手に入るけどメダルの熟練度が上がらないので注意。

僕のように過去に遊んだことはあるけどストリートを楽しみたい方におすすめ。

さっさと終わらせたい倍速機能

このゲームはエンカウント率の異常な高さ以外にも戦闘そのものが長いのも特徴。
これが結構、面倒。
というのも基本的にリーダー機を含む最大3体までロボトルに参加できるけど、リーダー機が倒されればそこでロボトル終了、これが基本の流れ。

メダロットを倒すのには頭部パーツを破壊する必要があるけど、これに時間がかかる。
というのも攻撃が当たる場所はほぼランダムなので頭部を狙って攻撃ができないのだ。
結果、時間がかかる。

A君
戦闘は楽しみたいけど、スキップまではしたくないな・・・。

といった方に向けられたシステムが倍速機能。
ゲームスピードの展開が早くなるのはもちろん、街の移動するスピードも速くなるので楽になる。

いつでも保存でき、どのタイミングでもリトライ可能

言い忘れていたけど、もし戦闘で負けてもボス戦やイベント戦を除いてゲームオーバーになることはない。

その代わりに、このゲームには負けた場合、勝った相手に自分のパーツを差し出すルールが存在する(差し出すパーツは完全にランダム)。
被ったパーツならまだいいかもしれないけど、主人公機は最初に手に入るメダロットなのでそれ以降はどこにも売っていないし、手に入らない。
もし主人公機のパーツを奪われてしまったら二度と手に入らないのだ。

事前にセーブしていれば、もう一度トライできるけどもしセーブをしていなかったら絶望を見る。

けどこのシステムを使えばどのタイミングでも保存ができ、復元できる安心のシステムだ。

手に入れたパーツを確認できるメダアルバム

本編で手に入れたパーツを閲覧できるメダアルバム。

メダロットについての解説やパーツのパラメーターが確認できるので眺めているだけでも楽しめる。

本編クリア後に全パーツを揃えた状態でニューゲーム

多分これが一番のメイン。

一度ゲームをクリアすると全てのパーツを手に入れた状態で最初から遊べるシステム。
特に主人公機は通信交換しないと手に入らなかったので自分の理想のメンバーで戦闘ができる。

ただし、メダルは対象外なのでそこだけは注意してほしい。

20th Anniversary BOX

今まではカブトVer、クワガタVerは単体の紹介だったけど、それらが一つパッケージになって収録された「20th Anniversary BOX」が存在する。

ノブン
僕はこれを購入しました。

収録内容は以下より。

  1. メダロットクラシックス カブトVer
  2. メダロットクラシックス クワガタVer
  3. サウンドトラック
  4. キャラクターブック
  5. 特性パッケージ

ゲーム自体は上で紹介した内容と同じものが収録されている。

地味に嬉しいサウンドトラック

サントラ自体は今は売ってはいるけどいいお値段なのでとても手に入らない。

31曲収録とボリューム満点で未だに僕もリピートしている。

全メダロットが収録されたキャラクターブック

なかなかのサイズ感のあるキャラクターブック。

「1」~「5」までの全メダロットのデータが収録されている。

しかも最初の数ページにはほるまりん先生のイラストが描かれているのでそれだけでも買った意味があったと思う。

ニヤニヤが止まらない派手なパッケージ

上で紹介したすべてが収録できる特性のパッケージ。
写真の通りだけど、全パーツを装備したティンペットが透けて見えて描かれている。

このパッケージもかっこよくて自分は見えるところに飾ってます。

今なら苦労せずクリアできる

当時は戦闘にも時間がかかって大変だったけどこの「クラシックス」ではそれらを省いてくれるシステムが多いので時間を気にせずストリートに専念できる。

または、あえて便利なシステムは使わず当時を思い出しながら遊ぶのも一つの手かもしれないね。

ガジェット デスク環境 パソコン

ついに買ってしまった【Lenovo IdeaPad Flex 550i 】第一印象

このブログでは次は何のノートパソコンを購入しようか記事にしたぐらい悩んでいたんだけど、この度ついに買ってしまった。 東芝のdynabookを購入から約4年ぶりに新しいノートパソコンを購入したので今回はLenovo IdeaPad Flex 550の第一印象、といっても手に届いて数日の感想なのであくまで参考程度、こんな風になっているんだ~程度に受け止めてほしい。

続きを見る

Amazon 生活系

Amazonで水を購入した結果ストレスフリーになりました

この記事にどこまで需要があるか分からないけど、一人暮らしで近所のスーパーまで水を買いに行くのが面倒だな~や具体的にどう生活に変化が起こったのか参考にしてほしい。 【結論】重い荷物、日用品は通販で買った方がいい 結論を先に言うと重い荷物や日用品、今回で言う「水」はAmazonなどの通販で購入した方がいいと思ったんだ。 という自分も今回初めてAmazonで水を購入した立場だからちょっと偏った視点になってしまうかもしれないけど、意外とメリットが多い。 せっかくなので僕が買った「いろはす」の水の紹介をしようと思う ...

続きを見る

ガジェット デスク環境 生活系

初導入!電動昇降デスク【FLEXISPOT】レビュー 導入する際の注意点

僕のブログではデスク環境を良くするためにこれまで色々なガジェットに手を出してきた。 作業の効率化はもちろん健康面、特に腰や姿勢には注意して執筆をしてきたけどある問題に直面してきたんだ。 それはデスクの高さが変えられないこと。 デスクの高さが変えられない以上、他の所でカバーしようと思ってモニターアームを導入してみたり ノートパソコンにMajextandをつけてみたりして姿勢を正そうと思っても限界がある。 ならデスクそのものが上下好きな高さに調整できる電動昇降デスクのFLEXISPOTを導入すれば自分に合った ...

続きを見る

Amazon ガジェット デスク環境 パソコン 楽天

初デビュー【Logicool ERGO M575】トラックボール初心者でも使いこなせるか?

前回の記事で「Lenovo IdeaPad Flex 550i」を取り上げたけど、そのノートパソコンが届くちょっと前に新しいマウスを購入したんだ。 それが今回紹介するLogicool ERGO M575。 しかも人生初挑戦のトラックボール! なのでまだトラックボールを試したことがない人やこのマウスに興味があった人はこの記事を参考にしてほしい。 新しいマウスを購入した経緯 そもそもなぜ新しいマウスを購入するようになったのか?興味はないかもしれないけどちょっとだけ紹介。 以前のは付属のマウスを使用 以前までは ...

続きを見る

Switch ゲーム

コツさえつかめば難しくない!【カスタムロボV2 激闘編】攻略法

最近ようやくカスタムロボV2の激闘編がクリアできたのでその攻略法を紹介。 と言っても64時代を遊んだことがあるユーザーからしたらある程度、攻略も分かっているだろうしネットを検索すれば攻略方なんていくらでも乗っているので参考程度に読んでみてほしい。 激闘編はコツさえつかめば難しくない 先に結論から書くとカスタムロボV2の激闘編は一見難しそうでけど、コツやルールをちゃんと把握していると意外と難しくないんだ。 確かに敵が強かったり高い壁にぶつかるケースもあるけど、そこはニンテンドースイッチのシステムを利用すれば ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ノブン

ブログを始めて1年経過。 最高月6千PV、収益4桁。 趣味:ゲーム、ラルク、ブログ。 子供の頃に「ロックマン8」を買ってもらったのをきっかけにゲームに目覚める。 最近ハマっているゲームは「ロストジャッジメント」、「真女神転生5」。 好きなアーティストは「ラルクアンシエル」。 好きな漫画は「ベルセルク」。

-Amazon, Switch, ゲーム, 楽天