Amazon Switch ゲーム 楽天

懐かしい【メダロット クラシックス】カブトVerとクワガタVerの違い

2021年6月13日

本ページはプロモーションが含まれています。

今頃このゲームの記事を書いてどれくらいの人が興味があるか分からないけど、僕が小学生の頃に発売されたゲーム「メダロット」が2017年にニンテンドー3DSから「クラシックス」として発売された。

メダロットが20周年を記念いて発売されたけど、ゲームはもちろん、漫画版も当時ハマっていたので思い入れのある作品でもある。

「1」はカブトVerでそれ以降はクワガタVerで遊んだな~。

この「クラシックス」自体は発売された日に購入したけど、最近またやり始めてふと思ったことがあるんだ。

カブトVerとクワガタVerこの2つの違いは何だろう?

結論としてはほぼ違いはないけど、主人公が最初に手に入るメダロットによって難易度が変わる」。

というわけどカブトVerとクワガタVerの違いや、「クラシックス」になって何が変わったかを紹介しようと思うので参考にしてみてほしい。

5,000円オフのチャンスは今だけ!快適な座り心地とパフォーマンスを叶える「Natural Edge」のゲーミングチェアをお得にゲットしよう!

Natural Edgeの公式サイトでチェック!!

クーポンコードはコチラ!

D6A3GQZ2YQ7X

 

メダロットとは?

僕が小学生の頃にゲームボーイから発売された「メダロット」。

「メダルロボット」⇒「メダロット」と呼ばれるロボット同士を戦わせるゲーム。

メダル=脳

メダロットの背中(厳密にいうとティンペット)にメダルをセットすることで自我のようなものを持ち、人間とのコミュニケーションが可能になる。

ゲーム版ではカタコトのセリフが出てくるが、漫画版では人間と同等の知能を持っている描写もある。

ゲーム、漫画版の主人公機は共通して主人公に対してため口だけどね。

このメダルがないとメダロットは動かない、しかも売られていないためメダル自体が非常に貴重な存在なんだ。

カスタマイズをしてバトル

ティンペットとは骨組みのようなちょとみっともない姿をしている。

このティンペットにメダル以外の以下のパーツを装備することでバトル(ロボトルと呼ばれる)できる。

  1. 頭胸部パーツ
  2. 右腕パーツ
  3. 左腕パーツ
  4. 脚部パーツ

それぞれのパーツには個性があり、「装甲」と呼ばれる体力のようなものも異なり、それらをカスタマイズすることで戦闘を有利に働かせる事ができる。

また壊されたパーツによって戦闘に支障が出てくるデメリットがあるんだ。

例えば脚部が壊されると移動スピードが遅くなり、頭部をやられると一発でアウトになったりハラハラさせてくれる。

近未来な世界観

この作品の世界観は現代とそれほど違いはなく、メダロットがおもちゃとして普及しているくらいかな?。

「おもちゃ」と書いたけど、普通に大人も持っているし、セレクト隊(警察のような立場)も犯罪を取り締まっているし、おもちゃの域を超えている感じがする。

とはいえ、メダルは売ってないけどパーツはコンビニでも普手に入るくらい普及しているぐらいだからおもちゃという表現も間違っていないのかもしれない。

ゲーム版と漫画版の違い

大まかの概要は同じだけど、漫画版はオリジナル色が濃い。

漫画といっても作者「ほるまりん」氏が描いたメダロットと、よりオリジナル色が濃くなった「メダロッター りんたろう」のがある。

ゲーム版と漫画版の決定的な違いはこれかな。

  • 主人公が使うメダロットはメタビーのみ
  • メタビーに限らず他のメダロットも人語をしゃべる
  • ロボトルはするけど手に入れたパーツを付けている描写は少ない
  • 大会はあるけどゲームにはないオリジナルストーリーがメイン

主人公が使うメダロットはメタビーと呼ばれる射撃型のメダロット。

物語の途中で他のメダロット(ロクショウなど)使う機会があるけど基本この一体のみ。

それにこのメタビーはよくしゃべる。

他のメダロットは主人は命令に従う機会が多いけどこのメタビーは人間に近いコミュニケーション能力を持っている。

これには理由があるんだけど詳しくは漫画版、特にほるまりん氏の作品を読んで欲しい。

ちなみにメダロットの醍醐味でもあるパーツの交換はあまり描かれていない。

物語も漫画版、特にほるまりん氏の作品は最初の「1」は割と少年漫画では王道なストーリーでゲーム版にも寄り添った内容だったけど「2」以降割と重い道徳的なストーリーになっているんだ。

これはゲーム版にはない完全なオリジナルストーリー。

一度、ゲーム版で遊んだことがあれば漫画版もせひ読んでみてほしい

カブト版の特徴

ここから本題。

まずはカブトVerの特徴を紹介。

といっても主人が最初に手に入るメダロットぐらいの違いだからその特徴を紹介。

カブトムシをモチーフにしたKBT型

カブトVerで最初に手に入るメダロット。

「KBT」とはローマ字でカブトの「KABUTO」からきている。

文字通りカブトムシ型のメダロットだけど全武器が射撃メインな所が特徴。

パーツごとの特徴が以下。

  1. 頭胸部パーツ・・・ミサイル
  2. 右腕パーツ・・・リボルバー
  3. 左腕パーツ・・・サブマシンガン
  4. 脚部パーツ・・・オチツカー

使いやすい初心者向けの機体

この機体はメタルビートルと呼ばれているけど、漫画版ではメタルビートルが「メタビーがいいと思う」と提案し、以降はメタビーがスタンダードな名前になった経緯があるだ。

今はメタビーの方がメジャーだけどね。

メタビーの装備はいずれもクセがなく使いやすいのが特徴。

その詳細が以下より。

  • ミサイル、リボルバー・・・うつ攻撃でデメリットがない使いやすい攻撃。
  • サブマシンガン・・・ねらいうつ攻撃でクリティカルが出やすいが、回避行動ができなくなる。

これだけ見ると「ふ~ん・・・」みたいな感じになるけど、次のクワガタVerと比べてみると分かりやすいかもしれない。

クワガタの特徴

次はクワガタVerの特徴を紹介。

クワガタムシをモチーフにしたKWG型

クワガタVerで最初に手に入るメダロットでクワガタをモチーフにした機体。

「KWG」とはこちらもカブトと同じく「KUWAGATA」からきている。

こちらの機体はカブトとは正反対の格闘をメインとする機体。

パーツごとの特徴は以下より。

  1. 頭胸部パーツ・・・アンテナ
  2. 右腕パーツ・・・チャンバラソード
  3. 左腕パーツ・・・ピコペコハンマー
  4. 脚部パーツ・・・タタッカー

クセが強い玄人向けの機体

この機体はヘッドシザース、通称ロクショウとも呼ばれている。

ロクショウの名前に由来は「緑青」、銅が酸化することで出る錆(サビ)のこと。

漫画版では特定の人物からは「ヨウハク」と呼ばれていた。

その意味は「洋白」、銅と亜鉛とニッケルから構成されている合金のこと。

ロクショウの特徴は格闘をメインにしているが、メタビーと違いクセが強めになっている。

その詳細は以下より。

  • アンテナ・・・命中率とクリティカル率を上げる。
  • チャンバラソード・・・なぐる攻撃でクリティカルは比較的出るが、次の行動までは防御ができない。
  • ピコペコハンマー・・・がむしゃら攻撃で威力は高めだが、次の行動までは防御と回避ができない。

とカブトと比べて威力は高めだがデメリットも高め。

特に頭部パーツだけ残った時は攻撃手段が残っていないのでかなり厳しい。

無難なのがカブトVer、慣れたらクワガタVerで遊ぶ

というわけでカブトVerのメタビーはクセがなく、使いやすいのが特徴なので最初に遊ぶ際はカブトVerがおすすめ。

逆にクワガタVerのロクショウはクセが強いのでカブトVerである程度、戦略に慣れてきたら遊ぶのがおすすめ。

要チェック!!
使いづらい【メダロット3】カブトバージョンを選んではいけない理由

続きを見る

クラシックスの特徴

ここからはクラシックスから導入されたシステムの紹介をしようと思う。

「1」~「5」まで収録

ゲームボーイで発売された「1」~「5」、カブト、クワガタVer両方に収録されている。

2020年に発売されたSwitch版は「メダロット・ナビ」、「メダロットG」、「メダロット弐CORE」がプラスで収録されている。

ストーリーを重視したいロボトルスキップ機能

シリーズ通して言える(特に「1」)けど、基本的にエンカウント率が高い。

少し進んだだけでまた戦闘なんてしょっちゅうあるし、そんな方に向けて導入されたロボトルスキップ。

その名の通りロボトルをスキップして勝った状態で戦闘が終了できるシステム。

ただし、経験値は手に入るけどメダルの熟練度が上がらないので注意。

僕のように過去に遊んだことはあるけどストリートを楽しみたい方におすすめ。

さっさと終わらせたい倍速機能

このゲームはエンカウント率の異常な高さ以外にも戦闘そのものが長いのも特徴。

これが結構、面倒。

というのも基本的にリーダー機を含む最大3体までロボトルに参加できるけど、リーダー機が倒されればそこでロボトル終了、これが基本の流れ。

メダロットを倒すのには頭部パーツを破壊する必要があるけど、これに時間がかかる。

攻撃が当たる場所はほぼランダムなので頭部を狙って攻撃ができないのだ。

一回の戦闘時間がかなりかかる。

戦闘は楽しみたいけど、スキップまではしたくないな・・・。

といった方に向けられたシステムが倍速機能。

ゲームスピードの展開が早くなるのはもちろん、街の移動するスピードも速くなるので楽になる。

いつでも保存でき、どのタイミングでもリトライ可能

言い忘れていたけど、もし戦闘で負けてもボス戦やイベント戦を除いてゲームオーバーになることはない。

その代わりに、このゲームには負けた場合、勝った相手に自分のパーツを差し出すルールが存在する(差し出すパーツは完全にランダム)。

被ったパーツならまだいいかもしれないけど、主人公機は最初に手に入るメダロットなのでそれ以降はどこにも売っていないし、手に入らない。

もし主人公機のパーツを奪われてしまったら二度と手に入らないのだ。

事前にセーブしていれば、もう一度トライできるけどもしセーブをしていなかったら絶望を見る。

けどこのシステムを使えばどのタイミングでも保存ができ、復元できる安心のシステムだ。

手に入れたパーツを確認できるメダアルバム

本編で手に入れたパーツを閲覧できるメダアルバム。

メダロットについての解説やパーツのパラメーターが確認できるので眺めているだけでも楽しめる。

本編クリア後に全パーツを揃えた状態でニューゲーム

多分これが一番のメイン。

一度ゲームをクリアすると全てのパーツを手に入れた状態で最初から遊べるシステム。

特に主人公機は通信交換しないと手に入らなかったので自分の理想のメンバーで戦闘ができる。

ただし、メダルは対象外なのでそこだけは注意してほしい。

20th Anniversary BOX

今まではカブトVer、クワガタVerは単体の紹介だったけど、それらが一つパッケージになって収録された「20th Anniversary BOX」が存在する。

僕はこれを購入しました。

収録内容は以下より。

  1. メダロットクラシックス カブトVer
  2. メダロットクラシックス クワガタVer
  3. サウンドトラック
  4. キャラクターブック
  5. 特性パッケージ

ゲーム自体は上で紹介した内容と同じものが収録されている。

地味に嬉しいサウンドトラック

サントラ自体は今は売ってはいるけどいいお値段なのでとても手に入らない。

31曲収録とボリューム満点で未だに僕もリピートしている。

全メダロットが収録されたキャラクターブック

なかなかのサイズ感のあるキャラクターブック。

「1」~「5」までの全メダロットのデータが収録されている。

しかも最初の数ページにはほるまりん先生のイラストが描かれているのでそれだけでも買った意味があったと思う。

ニヤニヤが止まらない派手なパッケージ

上で紹介したすべてが収録できる特性のパッケージ。
写真の通りだけど、全パーツを装備したティンペットが透けて見えて描かれている。

このパッケージもかっこよくて自分は見えるところに飾ってます。

今なら苦労せずクリアできる

当時は戦闘にも時間がかかって大変だったけどこの「クラシックス」ではそれらを省いてくれるシステムが多いので時間を気にせずストリートに専念できる。

または、あえて便利なシステムは使わず当時を思い出しながら遊ぶのも一つの手かもしれないね。

男性必見!

シリーズ累計400万個突破の精力系サプリ!/

注文ゲーミングパソコン!

今がチャンス!

マイプロテインより、お得なセット商品が新登場/
セット内容:
・プロテイン1kg x1個
・クレアチン 100g x1個
・シェイカー×1個
詳細はサイトでチェック👇!


今イチ押しの記事!

おすすめ記事はコレだ

PS4 Switch ゲーム ロックマンシリーズ

生まれて初めて遊んだゲームそれが「ロックマン8」レビュー

ちょっと前の記事でも紹介したが、自分が人生で初めて遊んだゲームが「ロックマン8」なのだ。1996年12月に発売されこのゲーム。ロックマンシリーズを遊んだことがない方にはおススメだが、シリーズを遊んだことのある方は、ちょっと物足りないかもしれない。その理由は、この記事の最後辺りに書くが、ステージやボスの特徴などを解説してみようと思う。なお、所々で、漫画版の内容も入るかもしれないので注意。   ロックマン8とは? 正式には「ロックマン8 メタルヒーローズ」というタイトルである。シリーズ8作目と同時に ...

続きを見る

ブログ 月次報告

【月次報告ノブンブログ11月号】良くはなっているけど結果が欲しい!

最近「ベヨネッタ3」や「バイオハザードヴィレッジゴールドエディション」にハマりすぎてすっかりブログが滞ってしまってた。 しかも毎月お馴染みだったブログ活動報告も7月から10月までの4ヶ月分おざなりになってしまった始末。 最も毎月執筆していても特に動きもない同じ内容の記事になりそうだったからいいタイミングだったかもしれないけど、今回はここ4ヶ月分のブログの動きについて報告していこうと思う。 ノブンブログ7、8、9、10月【記事数/PV/収益】報告 まずはここ4ヶ月のブログの動きを報告。 年月記事数PV収益2 ...

続きを見る

ブログ 月次報告

【月次報告ノブンブログ4月号】モチベーションが上がらず心身共に疲弊した月だった

3月は一時期PV数がガクッと減ったから「今月は5,000PVはいかないな・・・」と内心ヒヤヒヤしていたけど、何とか5,000PVは超え現状は維持できた。 ただその分、明らかにモチベーションが下がっていて不安が尽きない1ヶ月だったので3月の月次報告をしていこうと思う。 ノブンブログ【記事数/PV/収益】報告 まずは3月の記事数やPV数などを報告。 年月 記事数 PV 収益 2022/3 6 5,033 数百円 2022/2 7 5,074 約1,000円 2022/1 8 5,630 約2,000円 &nb ...

続きを見る

ブログ 月次報告

【ブログ運用報告】初心者の1ヶ月目の収益やPV報告

ブログを初めて早1ヶ月目。はじめは、1ヶ月目も持つか不安だったが、なんだかんだで、クリアできた。 結論としては、ほぼ誰も見ていない。当然、収益も0。というわけで今回は、なぜ誰も見ていないのか?PVなどの報告や、自分なりの考察などを報告しよいと思う。 そもそもなぜ少ない ブログを開設して1ヶ月目の収益は、ほぼ無いことは当たり前の状況(例外的に発生している方もいるが)だが、これは当然だと思っている。なぜなら、信用されていないから。 時間がかかる 作成されたばかりのブログは、評価されるのに時間がかかる。「こいつ ...

続きを見る

ブログ

テーマ【Cocoon】の【おすすめカード】設置方法

前回、前々回に続いて今回は「おすすめカード」の設定方法を紹介しようと思う。前回の「アピールエリア」と、前々回の「ブログカード」の設定方法は下より。 例によって「Wordpress」のテーマ「Cocoon」の環境なのであしからず。 おすすめカードとは 僕のブログだとこれ。 アピールエリアの下にある、4つの画像のこと。左から「ゲーム」、「ラルク」、「松屋」、「生活系」の4つの記事。ヘッダーの下に設定させることで、紹介したい記事のジャンルを、目立たせることができる。   ブログカードとの違い 「目立た ...

続きを見る

-Amazon, Switch, ゲーム, 楽天